Uncategorized

タッキー&翼の解散の原因・理由はなに?今後の二人とジャニーズ事務所はどうなる?

ジャニーズ事務所のグループの中でも大御所感の強い二人組、タッキー&翼が解散することが判明しました。

デビュー15周年という節目の昨年9月をもって、一時的に活動休止することを発表していたタッキー&翼。彼らは休止期間中にそれぞれの人生について深く考え、今回解散という道を選ぶこととなった。また滝沢は年内いっぱいで芸能活動を引退。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長のタレントを育成、プロデュースしていくという意志を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサートなどのエンタテインメントをプロデュースする仕事に専念する。病気療養中の今井は自身の体としっかりと向き合うため、ジャニーズ事務所を退所。病気を克服し、心身共に健康な状態になることに専念するという。今後の活動については体調の回復を待って、また報告できるようにがんばるとのこと。

出典:音楽ナタリー

活動休止中だったということで今後の展開がどうなるのか、、、と心配されていたんですが、

やはり解散となってしまいました。

解散の直接の原因はいくつかあるようなので、全部洗ってみようと思います。

原因1:今井翼の病気療養

 

2014年にメニエール病の診断を受けていた今井さんは、2018年3月に再発が確認されたため入院。

タッキー&翼としての活動は、17年9月から休止してい担ですが、個人の活動も、治療に専念するため無期限休止が発表されていました。

嵐みたいに人数が多いグループならば一人活動休止しても他のメンバーが頑張ってグループとして成り立ちますが、

そもそも二人で活動していた場合、ソロでの活動を余儀無くされてしまいますからね。

相方を待たせたまま長々活動休止も気がひけるでしょうし、今回の解散の理由の一つであったことに間違いないでしょう。

 

原因2:滝沢秀明のジャニーズ社長後継者説

 

滝沢さんについては、8月発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、ジャニー喜多川社長から“後継者”に指名されたと報道されたばかりでした。このタイミングでの解散発表とくれば、この報道も信憑性が高いんじゃないでしょうかね。

13歳でジャニーズに入所し、その後ジャニーズJr.黄金世代としてずっとジャニーズを牽引してきた滝沢さんは、ジャニー喜多川さんの信頼が厚いことでも有名です。

長らく後継者なのでは?と言われていたメリー喜多川、藤島ジュリー景子のお二方が後継者として有力でしたから、世間はびっくり。

個人的にはタレントたちとの確執だーなんだーかんだーとトラブルが多そうな彼女たちよりも、

所属タレントの信頼も厚い滝沢秀明さんを次期社長にした方が事務所は安泰そうな気はします。

 

実際長年タレントとして活躍されてきたわけですから、所属タレントの苦労もよくわかるでしょうしね。

 

原因3:滝沢、今井不仲説?

 

直接解散する原因としてもっとも有力なのがこちら。

そもそもグループを組んだ際も、特に仲が良かったわけではなく

周りの同世代がどんどんグループを組んでデビューしていく中、互いしか相手がいなくなってしまったため

タッキー&翼としてデビューした、というなんとも微妙な過去のある二人。

特に最近は、SMAPの解散やNEWS、KAT-TUNのメンバーが減っていく、など

何かとトラブルが多い印象のジャニーズにおいて、二人の立場も変わってきていたようです。

後輩たちの指導やプロデュースに尽力する滝沢さんと、ダンスに磨きをかける今井さん。二人の間に温度差、というか意見の食い違いが生まれても仕方がないのかもしれませんね。

 

まとめ

活動休止中なものの、解散だけはない!と言われ続けてきたタッキー&翼のまさかの電撃解散劇。

ショックを受けていらっしゃるファンの方も少なくないと思います。

しかし二人ともジャニーズ屈指の実力者。

今井さんに関してはしばらく療養されるようですが、復帰すれば欲しがる事務所は多いのではと思われますし、

滝沢さんはこれからもなんらかの形でジャニーズ事務所を支える力になってくれるでしょう。

寂しい気もしますが、きちんとけじめをつけて次に向かうのは悪いことではないはず!

 

二人の今後を応援しましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

RELATED POST