Uncategorized

【実写版】ライオンキングの日本公開日は?キャストやあらすじについても!


ディズニーの不朽の名作であるライオンキングの実写版が今年日本でも上映されます。

リアルなタッチで描かれた動物たちが登場します。

オリジナルのアニメとはまた違った魅力がありそうです。

アイアンマンで知られるジョン・ファヴロー監督がメガホンをとり、キャストも豪華とだけあって期待が高まります。

ファヴロー監督は、ジャングル・ブックでも監督を務めており、同じCGで
描かれる動物の物語とだけあって、信頼感がありますよね。

【実写版】ライオンキングの日本公開日と作品情報

【日本公開日】
2019年8月9日

【原題】
The Lion King

【監督】
ジョン・ファヴロー

【脚本】
ジェフ・ナサンソン

【実写版】ライオンキングのキャラクターをキャストとともに紹介!

シンバ(ドナルド・グローバー)
元気なライオンの男の子。
未来の王様として育てられますが、スカーの陰謀により故郷を追われてしまいます。
演じるのはラッパー兼俳優のドナルド・グローバーです。

ナラ(ビヨンセ)
シンバの幼馴染。お転婆な女の子。
言わずと知れた歌姫、ビヨンセが演じます。

ティモン(ビリー・アイクナー)
シンバの友達のミーアキャット。
プンバァとともに故郷を追われたシンバを育てます。
演じるのはコメディアンのビリー・アイクナーです。

プンバァ(セス・ローゲン)
豚と呼ぶと怒る猪。
豚さんならよし。
スティーブジョブズなどで有名なセス・ローゲンが演じます。

【実写版】ライオンキングのあらすじを紹介!

サバンナの動物たちは新たな王子シンバの誕生を祝福します。

王子はすくすくと育ち、やんちゃな男の子に。

シンバは早く王様になりたいとわくわくしています。

一方王の弟であるスカーは、シンバが王位継承者となったことを快く思っていません。

どうにかして王になりたいスカーは、ハイエナたちを従え、王ムファサを殺します。

スカーはシンバにその罪を擦り付け、シンバは故郷を追われます。

その先でシンバは愉快なミーアキャットと猪に出会い、たくましく成長していきました。

ある日、偶然幼馴染であるナラと再会します。

ナラも大人のライオンとして美しく成長。

二人は恋に落ちます。

しかしナラから故郷の危機を伝えられ…?

まとめ

実写版ライオンキングは、2019年8月9日に公開です。

CGでリアルに描かれた動物たちと、それを演じる豪華キャスト。

今から公開が待ち遠しいですね。

ディズニーファンはもちろん、そうでない人も楽しめること間違いなし!

RELATED POST