Uncategorized

小室哲也・引退の理由!行き過ぎな不倫報道で偉大なプロデューサーが引退を決意。

先日週刊文春に不倫を報じられた、音楽プロデューサーの小室哲哉さんが

会見を開き、引退を表明されました。

以下、日刊スポーツより抜粋

 18日発売の「週刊文春」で看護師女性の不倫疑惑を報じられた、音楽プロデューサー小室哲哉(59)が19日、都内で会見を開き「僕なりの騒動のケジメとして引退を決意しました」と引退を宣言した。

そして「今回の報道により妻KEIKO、家族、ファン、スタッフの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。言動が支離滅裂になってしまうのは申し訳ないので昨夜、文章を作り目を通しながら話させていただきます。ご了承下さい」と言い、文章を読み上げた。

小室は同誌で、くも膜下出血で11年10月から療養中の妻KEIKO(45)を介護する傍ら、数年前に知り合った看護師女性と17年末から1月にかけて女性の自宅や都内のホテルで会い、女性を自宅にも招いたなどと報じられた。

小室はKEIKOが倒れて以降、脳に障害が残り「欲がなくなったり、女性から女の子になった優しい笑顔になった」ことで「夫婦ということで、大人の女性に対してのコミュニケーション、会話のやりとりが出来なくなった」と語った。そして「電話であったり対峙(たいじ)するところも1時間、10分、5分、3分と間が持たなくなって、非常にかわいそうだと思いますが、諦めては行けないのが精神的なサポートというのが重々、承知ではありますが、ちょっと疲れ始めてしまったところは3年くらい前ですかね、あったと思います」と吐露。その中、2年前に自身もC型肝炎になったと明かした。

 

先年日本の芸能界は不倫旋風が吹き荒れ、主に文春さんのお手柄で多くの芸能人、政治家の不倫が暴露されてきました。

今回の小室哲哉さんの一件、果たして彼だけが悪かったのでしょうか。

 

引退の理由は、不倫騒動にケジメをつけるため

 

引退理由について、僕なりの騒動のケジメ、と語った小室さん。

社会を騒がせたこと、

奥様に対しての罪悪感、

ファンや関係者に対する詫びの気持ちなど

様々な感情が混ざり合い、ご本人もまだ混乱されているような印象を受けました。

 

 

妻、KEIKOさんの蜘蛛膜下出血

 

2002年に2度の離婚を経て、globeのボーカル、KEIKOさんとご結婚された小室哲哉さん。

離婚した前妻へ莫大な慰謝料をはらい、借金で苦労して5億円の詐欺容疑で逮捕されたこともありましたが、

2011年に蜘蛛膜下出血で倒れ、後遺症で重い障害が残った妻であるKEIKOさんに対して、変わらぬ愛を注ぎ、

懸命に介護を続けられてきました。

介護、特に石の疎通が難しい人の介護は、経験者にしかわからない多大な苦労がのしかかります。

まだまだ若く、ともに未来を歩くつもりで結婚した奥様が結婚後10年も立たないうちに要介護者になったということは

ご本人たちにしかわからない苦労があり、またそんな中で、二人は愛の形を変えつつも、慈しんでともに生活していました。

 

不倫。そりゃあ悪いことですよ。でも。

 

不倫がいいか悪いかって言ったら、そりゃあ悪いに決まってますよ。

でも

今回のケースは小室さんが悪い言い切るのが正しいのか、私にはわかりません。

奥様に対するある種の裏切りであることに変わりはないと思いますが

愛する奥様と、自分が望むようなコミュニケーションが取れなくなった時、

一生ひたすら介護するのは決して楽なことではありません。

ご自身も、「ちょっと疲れ果ててしまった」とおっしゃっていました。

それでも小室さんは懸命にKEIKOさんを支え続けているじゃないですか。

大人の女性に対するコミュニケーションが取れなくなった、と彼自身もおっしゃっていますが、

小室さん自身の心の健康のために、他の人とコミュニケーションを取るのは必ずしも悪なんでしょうか。

不倫は不倫、なのかもしれませんが、

奥さんがいることを隠して何も知らない女性を弄んだどっかのゲスミュージシャンと

このケースを、不倫と一言でくくるのは違う気がします。

 

まとめ

 

安室奈美恵さん、篠原涼子さん、TRF、華原朋美、宮沢りえなど、芸能界に多数の人気者を送り出し、

作曲でも多くのヒットを生み出してきた、小室哲哉さん。

間違いなく才能のあるかたであったと思います。

うまく心のバランスを保ちながら奥様を支えていたかもしれないのにもかかわらず、

週刊誌が不倫だ不倫だと騒ぎ立てて彼を引退に追い込んだこと。

ゲスなのはどっちだよ。

とか思ってしまいました。

世の中知らぬが仏なことだってありますからね。

 

 

皆さんは今回の件、どう思われましたか?

 

RELATED POST