Uncategorized

ドラマ・ハゲタカ!鷲津政彦(綾野剛)のモデルやネタ元は?原作や映画との違いも紹介!

2018年7月19日テレビ朝日で放送が開始される木曜ドラマ、『ハゲタカ』

テーマが企業買収ということで少々ヘビーなのですが、原作は2004年に刊行された真山仁氏の人気小説『ハゲタカ』で、なんと累計230万部を売り上げるという大人気作品です!

時代はバブル崩壊後の1997年、不景気に苦しみ、“失われた10年”の渦中にあった日本に現れた外資系投資ファンド代表の鷲津政彦――容赦なく相手を買収する手法から、“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた“大銀行”や経営不振の“名門企業”へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく様が描かれていて、世のサラリーマンたちから圧倒的な支持を誇り、ベストセラーに。

何年か前に、堺雅人さん主演で大銀行に立ち向かう一行員を描いた『半沢直樹』

が大ヒットしましたが、今回も同じような匂いがします笑

半沢もそうでしたが、今回の作品も実在の組織がモデルとなっているところが多々見受けられ、そのため本作品や、主人公で綾野剛さん演じる鷲津政彦のモデルとなった人物などについて関心が集まっています。

今日はこのハゲタカという作品や、鷲津政彦という人物にモデルが存在しているのか、その辺りをまとめていきます。

ハゲタカのネタ元とは?

 

原作となったのは、上記に挙げた真山仁さんの小説です。

では主人公の鷲津政彦にモデルはいるのでしょうか?

まず、時代背景的に考えると、真山さんがこの小説を出版したのは2004年。

この頃”ホリエモン”として一斉を風靡した元ライブドア社長の堀江貴文氏が、当時は球団のなかった東北に球団を設立し、『仙台ライブドアフェニックス』とする構想を発表。

もちろん結果はご存知の通り楽天に持って行かれ、『東北楽天ゴールデンイーグルス』となりましたが、

当時堀江氏が次々に企業を買収し、事業を広げ、絶大な力を誇った時代です。まだ逮捕される前ですしね笑

 

彼が鷲津政彦のインスピレーションになった可能性は高いと思います。

 

また、日本におけるM&Aの第一人者である佐山展生さんのことをご存知でしょうか?

時たま報道番組で解説をされたりしているのですが、彼の経歴を見ると鷲津政彦との共通点が見えてきます。

旧三井銀行を経て企業再生ファンドを創設。米国でMBA(経営学修士)を取得し、今はM&A(合併・買収)支援を中心とするコンサルティング会社GCAの代表取締役。

企業再生の専門家で、この分野の第一人者です。

NES PICKSによると、

経済小説『ハゲタカ』はNHKでドラマ化され、多くの方がご存じでしょう。小説家の真山仁さんが「何か面白い話はないですか」とユニゾン・キャピタルを訪ねてきたことがありました。「面白い話はないけれど、頭に来た話はある」と話した東ハトの案件がけっこうネタ元になっています。小説に登場するおもちゃメーカーの話です。
ドラマの『ハゲタカ』の経済考証は、私とインテグラルの共同創業パートナーの山本礼二郎が担当しました。ドラマを見て「M&Aの世界って激しいんですねえ」と言う人がいますが、現実の100分の1くらい。現実は100倍激しい──。            
出典:https://newspicks.com/news/1110030/body/?ref=user_9103
ご自身がこんな発言をされていました笑
彼が鷲津政彦のモデル、というよりは、物語の中で取り扱われているエピソードに
佐山展生さんの経験が織り込まれているようですね。
ちなみに原作に登場する企業のモデルは以下の通りです。

* 三葉銀行 → 三和銀行
* 鈴紡 -→カネボウ
* ミカドホテル →金谷ホテル
* 太陽製菓 →東ハト
* 足助銀行 →足利銀行
* 月華 → 花王
* シャイン →キヤノン
* ゴールドバーグ・コールズ →ゴールドマン・サックス
* KKL →コールバーグ・クラビス・ロバーツ
* プラザ・グループ →カーライル・グループ

 

ドラマ『ハゲタカ』とは?原作tの違いはある?

 

2019年、『平成』の幕が下りる――
バブル景気という熱狂の中で産声を上げた平成という時代は
バブル崩壊、失われた10年、リーマンショック、
そしてアベノミクスによる景気上昇、と
経済の乱高下に揺さぶられ続けた30年間だった…
そんな激動の時代を背景に、外資系投資ファンドを率いる
“買収者”・鷲津政彦の生き様を描いた、小説『ハゲタカ』。
真山仁氏が2004年に発表した傑作小説を、
この夏、実力派俳優・綾野剛を主演に迎えて連続ドラマ化する!

このハゲタカは、2007年にもNHKがドラマ化し、2009年には映画版『ハゲタカ』が公開されています。キャストは両者ほぼ同じでしたが、今回の2018年版はキャストが一新されるようです。

まず、原作が出版されたのは2004年で、2018年現在とは経済状況も何もかも大きく違います。

よって今回のドラマ化作品は、登場人物のキャラクターや基本的な設定は原作に従いますが、細かいエピソードなどは完全にドラマオリジナルとなるようです。

 

つまり、映画やNHKのドラマを見ていたり、原作を読んでいたりしてもう内容はわかってるよ!という人でも十分に楽しめる内容になっていそうなんです。

これは楽しみ!

↓ちなみにこちらではハゲタカの映画版が無料登録するだけで安全に視聴できちゃいます♪↓

 

まとめ

ということで、本日は『ドラマ・ハゲタカ!鷲津政彦(綾野剛)のモデルとネタ元!原作とドラマの違いは?』についてまとめました!

今後ドラマの見逃し動画などがアップロードされ次第、それについての情報も追加していきます♪

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

RELATED POST