留学

アメリカ大学システムについて解説します。

さて。

みなさん日本で大学に行こうと思ったらまず何をするのでしょう。

多くの人は入試に向けて勉強し始めるんじゃないでしょうかね。
自分が生きたい学部の入試日程と試験概要をリサーチし、
試験科目を明確にし、
そして入試を突破するためにはどのくらい点数を取るべきなのかわかったら
そこにたどり着くための対策を始めますね。

そのための手段として予備校に通うことを選ぶ人もいれば、
通信教育、独学、と
それぞれ自分にあった手段を選びますね。
みんなこれは当たり前にできます。

しかし、これがアメリカに進学となると、同じことをやってもダメですよね。

<strong>なぜならそもそも学校のシステムも入学方法も違うからです。</strong>

そこで今日は、みなさんが進学プランを立てやすくなるように
アメリカの大学システム、入学方法について解説していきます。

アメリカには、3000を超える大学・高等教育機関があります。

大きく分けて2年制大学、4年制大学があり、日本と大きく違うところは一つの大学から全ての単位を取得する必要がないところです。

4年生大学に入学する場合、SATと呼ばれる試験の結果+高校のGPA(成績)両方の審査の結果で
合否が決まります。

2年生大学にはコミュニティカレッジ、ジュニアカレッジなどと呼ばれ、日本の短期大学のような組織です。
4年制と比べると学費がかなり安く、日本でいう教養課程を中心に単位を取得できます。

この辺りの仕組みはそれぞれの国によって全く違います。
イギリスの場合ですと、
留学生は全員まずFoundationと呼ばれる英語力強化+教養のコースを1年間受講し、
その後一般の大学に編入して3年間で卒業、という感じになります。

多くの海外からの留学生が、まずこの2年制大学に入学して単位を稼ぎ、4年制大学の三年目に編入、
という手法をとります。
4年生と比べ圧倒的に入学しやすいことに加え、2年間で自分の力を高めてから少しでもレベルの高い4年制への編入を目指す人が多いからです。
大学側からしても、日本の高校のDiploma(卒業証明)しか持っていない人間相手に自分の大学にふさわしい人間かどうか判断を下すのは難しいですよね。授業の仕組みから何から違うんですから。

つまりこの2年が、
私はアメリカで十分きちんとやっていけるだけの力のある人間ですよ、と
証明するための証拠を作る時間てことになるのですね。

アメリカの大学を最短で効率よく、安く卒業するにはこれが最もオススメです。

また2年制大学と四年制大学の間には強い結びつきがあり、
この4年制に行くならこの2年制がいい(その2年制からの編入者がすごく多い)みたいなこともあるので
ここの選び方は結構大事です。

次回は2年制大学への具体的な入学の仕方、出願の仕方についてお話しようと思います。

スポンサーリンク