洋画

弥助役俳優、チャドウィック・ボーズマンとは?過去の出演作や最新作の情報も!

チャドウィック・ボーズマンが戦国時代をテーマにした新作『弥助』で主演を務めるようです。

ブラックパンサーとして世界を魅了したチャドウィックは、16世紀の日本を舞台にした新作で、アジア系でない唯一の侍と言われるタイトルロールを演じるだけでなく、製作も兼任します。

注目の弥助役俳優を務めるチャドウィック・ボーズマンについて紹介していきます。

チャドウィック・ボーズマンのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Talked Thurgood, #MarshallMovie and slowing down with @VanityFair for their November issue. http://bit.ly/cbvanityfair17

Chadwick Bosemanさん(@chadwickboseman)がシェアした投稿 –


【名前】
Chadwick Boseman(チャドウィック・ボーズマン)

【出生地】
アメリカ サウスカロライナ州アンダーソン

【生年月日】
1976年11月29日

看護師の母親と家具会社を営む父親の間に生まれたそうです。

高校までは演技経験はなかったようで、スピーチやディスカッションに優れ、バスケットボールなどのスポーツもできるという文武両道で優秀な学生でした。

高校卒業後に大学へ進学するとオックスフォードのBritish American Drama Academyで演技を学びました。

チャドウィック・ボーズマンの出演作がすごい!

Persons Unknown ~そして彼らは囚われた

ゴーストタウンに閉じ込められた登場人物たちが脱出を試みるミステリーです。

TVシリーズ『Persons Unknown ~そして彼らは囚われた』でメインキャストとなり、計13話出演しました。

~世界を変えた男~

 

View this post on Instagram

 

#42 #fbf

Chadwick Bosemanさん(@chadwickboseman)がシェアした投稿 –


アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを描いた伝記映画。

タイトルの「42」はロビンソンが付けていた背番号です。

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男

 

View this post on Instagram

 

Loved being a part of this. Catch a special tribute to the legend tonight on #Unsung. 8/7c on @TVOnetv. #JamesBrown

Chadwick Bosemanさん(@chadwickboseman)がシェアした投稿 –


ソウルシンガー、ジェームス・ブラウンの伝記映画で、主演のジェームス・ブラウンを演じています。

原題『Get on Up』は邦画『ゲロッパ!』の元になっています。

『ドリーム』のオクタビア・スペンサーも出演しています。

Civil war/キャプテン・アメリカ


キャプテン・アメリカのシリーズ第3弾『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でブラック・パンサー役を演じました。

ブラック・パンサー

 

View this post on Instagram

 

Chadwick Bosemanさん(@chadwickboseman)がシェアした投稿

アベンジャーズ/インフィティ・ウォー

 

View this post on Instagram

 

#Repost @therussobrothers ・・・ An entire universe. Once and for all. #InfinityWar

Chadwick Bosemanさん(@chadwickboseman)がシェアした投稿 –


2部作となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも引き続きブラック・パンサー役で出演します。

今後も色々な映画でチャドウィック・ボーズマンが見られそうです。

弥助とはどんな人物だった?織田信長の家来の黒人!

織田信長には優秀な部下(家臣)がおり、様々な場面で信長を助けてきました。

天下統一目前まで躍進できたのも、優秀な家臣がいたからこそです。

そんな家臣の中でも、異彩を放っているのが「弥助」という存在でした。

織田信長には優秀な部下(家臣)がおり、様々な場面で信長を助けてきました。

天下統一目前まで躍進できたのも、優秀な家臣がいたからこそです。

そんな家臣の中でも、異彩を放っているのが「弥助」という存在でした。

当時の日本では大変珍しい「黒人」であった弥助は、どうして織田信長の家臣という役職に就いたのでしょうか。

弥助は身長190cmを超え、相当な存在感であり、力持ちでもあったので敵の士気を落とすのに有力だと信長は考えました。

新しいものに興味をもつ性格の信長が日本で見慣れていなかった黒人を見たとき、当時としては珍しい黒人を家臣にすることにより、世界にはどんな文化がありどこまで発展しているのかを、知っておきたいという考えが信長にはあったと言われています。

まとめ

・チャドウィック・ボーズマンが戦国時代をテーマにした新作『弥助』で主演を務める
・マーベル作品の最新作、スーパーヒーロー映画「ブラックパンサー」や「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」などに多数出演しているチャドウィック・ボーズマン
今、注目の俳優、チャドウィック・ボーズマンから目が離せない!!

RELATED POST