洋画

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのキャストが超豪華!日本公開日やあらすじも

タランティーノ監督の9作目の長編となる「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。

1969年のハリウッドを舞台にした映画になるようです。

タランティーノが、自身の育った当時のハリウッド、失われてしまったハリウッドという黄金時代の最後の瞬間を、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆しました。

この記事では、気になるあらすじやキャスト情報、またその他関連情報をまとめて紹介していきます!

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドの詳細情報と日本公開日・ここがすごい!

【日本公開日】
2019年8月30日

【原題】
Once Upon a Time in Hollywood

【監督】
クエンティン・タランティーノ

【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ(リック・ダルトン)、ブラッド・ピット(クリフ・ブース)、マーゴット・ロビー(シャロン・テート)、ブルース・ダーン(ジョージ・スパーン)、ダコタ・ファニング(リネット・フロム)、ダミアン・ルイス(スティーブ・マックイーン)、エミール・ハーシュ(ジェイ・セブリング)、アル・パチーノ(マーヴィン・シュワルツ)

・数々のハリウッドスターが登場する本作。

『燃えよドラゴン』などで知られる伝説的アクションスター、ブルース・リーも本作に登場します。

演じるのは、アメリカジョージア出身の俳優マイク・モーです。

・その他にも、たくさんのスターが出演?

その他のキャストについては、タランティーノ作品の常連であるカート・ラッセル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ゾーイ・ベルといった面々に加え、タランティーノ組には未参加なジェニファー・ローレンスやティモシー・オリファントといったスター級の俳優などとも交渉中とのことです。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのキャスト!役柄とともに紹介

リック・ダルトン役 レオナルド・ディカプリオ

 

View this post on Instagram

 

#OnceUponATimeInHollywood star @leonardodicaprio and director Quentin Tarantino appear at the @SonyPictures Presentation from #CinemaCon2018.

Once Upon A Time In Hollywoodさん(@onceinhollywood)がシェアした投稿 –


主人公である西部劇スター、リック・ダルトンを演じるのは、レオナルド・ディカプリオに!

ディカプリオは2012年のタランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』で悪役・カルヴィン・キャンディを熱演し、新境地を開きました。

今回、二度目のタッグとなるようです。

クリフ・ブース役 ブラッド・ピット

 

View this post on Instagram

 

Lights, camera, action. #OnceUponATimeInHollywood // 📸: Andrew Cooper, @VanityFair

Once Upon A Time In Hollywoodさん(@onceinhollywood)がシェアした投稿 –


そして、リックの長年の相棒でスタントダブルであるクリフ・ブースを演じるのは、あのブラッド・ピット!

2009年の『イングロリアス・バスターズ』でアルド・レイン中尉を演じ、タランティーノ映画デビューを果たしていました。

ディカプリオ同様、今回二度目のタランティーノ映画となります。

シャロン・テート役 マーゴット・ロビー

 

View this post on Instagram

 

Regram from @margotrobbie | First look. #OnceUponATimeInHollywood

Once Upon A Time In Hollywoodさん(@onceinhollywood)がシェアした投稿 –


気になるシャロン・テート役を『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインや『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で人気沸騰中のマーゴット・ロビーが演じることが決定しました。

もちろん、彼女のタランティーノ映画への起用は、今回が初めて。

いったいどのような活躍を見せるのでしょうか。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドのあらすじを紹介!

舞台は、1969年のロサンゼルス、ハリウッドにある「ヒッピーの丘」。

かつてのテレビの西部劇スターであるリック・ダルトンと長年彼のスタントダブルを務めたクリフ・ブースは、映画界ではなかなか評価されず、焦っていました。

しかし、リックの自宅付近には素晴らしい隣人がいました。

それは、あの「シャロン・テート」だったのです……。

このシャロン・テートというのは実在した人物なのですが、知らない方も多いでしょう。

いったいどんな人物だったのでしょうか。

1943年にテキサス州ダラスで生まれたシャロン・テートは、陸軍大佐であった父の仕事の関係で転校を繰り返す少女時代を送りました。

ミスコンテストで優勝したりモデル業に関心を持ち、1960年代からテレビや映画に出演。

1967年、『吸血鬼』に出演したことがきっかけで同作の監督であり共演者でもあるロマン・ポランスキーと結婚しました。

しかし、1969年8月8日、事件は起こります。

来客3名と自宅にいた時、突然侵入してきた三人組によって惨殺されたのです。

三人組に指示を出したのは、熱狂的なカルト指導者であったチャールズ・マンソン。

別の日には、同じグループによってスーパーマーケットのオーナーであるラビアンカ夫妻等が殺害されました。

計7名が殺害されたこの2件の殺人事件は「マンソン事件」と呼ばれています。

今事件は、その殺害方法や残忍性が多くの人々を震撼させることになります。

ラビアンカ夫妻の殺害現場には血で「謎のメッセージ」が壁に書かれていました。

また、シャロン・テートは殺害当時身籠っており、お腹の胎児も一緒に惨殺されたのです。

この非人道的でショッキングなニュースは、瞬く間に話題となり、全世界へ広がっていきました。

まとめ

・タランティーノ監督待望の最新作!60年代アメリカが舞台!!
・レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットをはじめとする超豪華キャストが勢ぞろい!

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 』は、マンソン事件の被害者である女優のシャロン・テートの殺害日からちょうど50年の節目となる、2019年8月30日に決定しました。

タランティーノ作品としては初の実話物!早くも公開が楽しみですね。

RELATED POST