洋画

映画【ベン・イズ・バック】の日本公開日とあらすじ!ジュリアロバーツ新作映画の魅力!

本作は、アカデミー賞主演女優賞受賞のジュリア・ロバーツ主演、アカデミー賞助演男優賞ノミネートのルーカス・ヘッジズが共演。

息子を全力で守ろうとする母の決して諦めない愛と家族の絆をサスペンスフルに描く“衝撃と感動”の物語です。

絶対に見逃せないであろう”ベン・イズ・バック”がいよいよ日本で公開を迎えます。

【ベン・イズ・バック】の日本公開日と作品情報

【日本公開日】
2019年5月24日(金)

【原題】
Ben Is Back

【監督】
ピーター・ヘッジズ

【キャスト】
ジュリア・ロバーツ(ホリー)、ルーカス・ヘッジズ(ベン)、コートニー・B・ヴァンス(ニール)、キャスリン・ニュートン(アイヴィー)

【公式サイト】
オフィシャルサイト

【ベン・イズ・バック】のあらすじを紹介!

クリスマスイブの朝、依存症の治療施設を抜け出し突然帰宅した19歳の息子ベンを母親であるホリーは温かく迎え入れました。

しかし他の家族たちはベンが自分たちの生活を壊してしまうのではと不安に駆られます。

両親はベンを一日だけ家に泊めることにするがその夜、一家が教会から戻ると家の中は荒らされ、愛犬の姿はどこにも見つかりません。

ベンが昔つるんでいた仲間の仕業が疑われる中、愛犬を取り戻すため極寒の中外へ飛び出して探しにいくベン。

ベンの過去を知るホリーは、息子を救えるのは母親である自分だけだと全力で守ることを決意します。

ガン患者などに使用するために作られた鎮痛薬などは今では米国史上、最も乱用されている薬品のひとつとなっているという実際問題にまで発展していきます。

医療目的に作られた薬が快楽目的として若者達が乱用しオピオイド依存症として施設に入る若者達が増加しているのが現状です。

そんなオピオイド依存症患者を持つ家族がもたらすクリスマスの苦悩が描かれている作品となってます。

今作は現在アメリカでも社会問題化しているオピオイド系鎮痛剤への依存症をテーマにしています。

【ベン・イズ・バック】のキャラクターをキャストとともに紹介!

ホリー役 ジュリア・ロバーツ

 

View this post on Instagram

 

A powerful performance from @juliaroberts makes #BenIsBack the must-see drama of the season. Now playing. Get tickets at the link in our bio.

Ben is Backさん(@benisbackmovie)がシェアした投稿 –


映画業界で最も敬意を集める名匠たちと組み、これまでに全世界興収25億ドル以上を稼ぎ出してきたハリウッドを代表するアカデミー賞®受賞女優。

「圧倒的な存在感を放つロバーツ、まさにキャリアの頂点」等と全米メディアから大絶賛されているアカデミー賞®受賞のジュリア・ロバーツが、依存症の療養施設から戻った息子を愛するが故に信じ続ける母ホリーを体当たりで熱演。

「このストーリーにはとても胸を打たれた」と語る彼女は、『プリティ・ウーマン』『エリン・ブロコビッチ』そして近作『ワンダー 君は太陽』等で知られているが、PEOPLE誌がキャリアの中で最高の役柄だと絶賛するように、自身の殻を破り、息をのむ迫力の演技を披露しています。

ベン役 ルーカス・ヘッジズ

 

View this post on Instagram

 

You can’t change the past, but you can learn from it. See #BenIsBack in NY and LA December 7. Expanding December 14 and 21. Get tickets at the link in our bio.

Ben is Backさん(@benisbackmovie)がシェアした投稿 –


ハリウッドで最も将来を期待されている若手俳優の一人で、アカデミー賞®ノミネート経験者。

エンターテインメント業界で名高い俳優、フィルムメーカーたちとのコラボレーションによって、幅広いジャンルの作品に出演し続けています。

ケガの治療による鎮痛薬の過剰投与で知らぬ間に依存症に陥ってしまった息子ベン役を演じます。

今日最も活躍している若手俳優の一人で、彼の出演はジュリアの推薦で決定しています。

また、今作の監督、脚本を手がけているピーター・ヘッジスさんはルーカスさんの実父になります。

【まとめ】

・日本公開日は2019年5月24日
・アカデミー賞主演女優賞受賞のジュリア・ロバーツ主演、アカデミー賞助演男優賞ノミネートのルーカス・ヘッジズが共演。
・現在の社会問題をテーマに映画化

ジュリアさん演じる母親ホリー役の演技はジュリアのキャリア史上最高評されるほどの称賛を集めました。

また、アカデミー賞をきっかけに現在注目されている若手俳優ルーカスさんの演技にも注目です。

RELATED POST