映画・ドラマ

おすすめ洋画6選!女子におすすめ。見たら必ず元気が出る! (ネタバレなし)

eyecatch

さて、前回はクリスマスに見たい、クリスマスがテーマの映画を紹介しました。

今回はガールズにおすすめしたい洋画をピックアップしたいと思います!(注:ハッピーエンド限定で提供します!完全に私の好みです?)

1、失恋女子のクリスマス!

ホリデイ 2006年アメリカ

出典:eonline.com

キャメロンディアス、ケイトウィンスレットと、二人の大女優の共演作。LAに住む会社経営者のアマンダ(キャメロン)とイギリスに住む新聞記者のアイリス(ケイト)はクリスマスを目前に大失恋。インターネット場で出会った二人は、クリスマス休暇の間お互いの家を交換することにします。

とにかく女優陣の等身大で豊かな感情表現は見ているだけで癒されますし、登場する男性陣、何と言ってもジュード・ロウがセクシーすぎてハッピーな気分になること間違いなし。

2、全ての夢見る乙女たちに

プリティ・ウーマン

出典:abcnews.go.com

言わずと知れたジュリアロバーツの名作。個人的な話ですが私はジュリアロバーツの大ファンです。オードリーヘプバーンのように品のいい女優ではありませんが、あの大きな口で作るスマイルと豊かな感情表現は本当に魅力的。理想のアメリカ人像を体現したようなかたです。

この映画で彼女が演じるのはハリウッドのフッカー(娼婦)であるヴィヴィアン。ある日彼女が路上で出会ったのは大会社を経営するエドワード。

道に迷った彼をホテル前案内し、そのまま一夜を共にします。

何しろ見ていて楽しいのは、娼婦だった彼女がどんどんレディへと変わっていく様。何にも考えていない娼婦に見えて、実は純粋すぎるほどピュアで頑張り屋なヴィヴィアン。

もともとチャーミングで美しいジュリアだから、と言ってしまえばそれまでですが、女性はみんな素晴らしい人を愛し、愛されておしゃれをすれば、美しいレディになれるのだと教えてくれる映画です。

 

3、ステイフレンズ

出典:StyleCaster

世界で一番モテる男、ジャスティンティンバーレイクと、エキゾチックな雰囲気が魅力のミラ・クニスが贈るコメディ。私の大好きなニューヨークの魅力がたくさん詰まった映画です!

恋愛に疲れた男女二人は、ある日をきっかけに体の関係のみ、恋愛感情はなし!という関係を始めます。果たしてこの関係は成立するのか。二人が求めているものはなんなのか。

セントラルパーク、ブルックリン橋、当時一斉を風靡して日本でも流行ったフラッシュ・モブ。ニューヨーカーのライフスタイルをギュギュッと詰め込んだ作品です。

 

4、エリン・ブロコビッチ

出典:scriptmag.com

ジュリア・ロバーツ大好きな私のいちばん好きな映画。実話を元に作られた映画です。

主人公エリンはシングルマザーで二人の子を抱え、仕事もないという切羽詰まった状態で事故にあいます。彼女に非はなかったにもかかわらず、離婚歴のあるシングルマザーに対する裁判員の目は冷たく、裁判に負け一文無しで途方にくれます。

自分を勝たせてくれなかった弁護士事務所に無理を言い無理やり仕事をもらったエリンは、そこである裁判の調査にのめり込んでいきます。それはのちに全米を巻き込む騒動になる大公害裁判の幕開けでした。

強い女ここにあり。学歴も職もなく貧乏で、どれだけ絶望的な状況にあっても諦めず、周りの人々のために戦う彼女に姿に私はどれだけ元気をもらったことか。

家族や恋人との時間と仕事の釣り合いを量りながらいきている全世界の女性に希望を持たせる作品です。上司にF**k you!と言い放ってでも自分が正しいと思えば負けない、This is the American Woman, I LOVE IT!!!

 

5、マンホールの向こうは不思議な世界、、、

魔法にかけられて

出典:romper.com

ディズニーのファンタジー映画。アニメーションと実写が混同しているという、新しいスタイルの映画です。

おとぎの国アンダルシアでくらすジゼルは、森の中で運命の王子様に出会い、結婚を決めます。

しかし王子の継母の悪巧みで、なんとニューヨークのど真ん中に送り込まれてしまいます。彼女の夢見る乙女な言動は、現実世界には全くちぐはぐ。訳も分からず転がり込んだニューヨークのサラリーマン、ロバートは、現実離れした彼女に驚きますが、次第にジゼルの世界観に引き込まれていって、、、

ディズニー作品らしく、作品に登場する歌や踊りも含めて目一杯楽しめます。そして夢を持つこと、人生を楽しむことの大切さを教えてくれる映画です。

 

6、元気すぎるシスター、大暴れ!!

天使にラブソングを、、

出典:star2.com

言わずと知れた黒人女優、ウーピーゴールドバーグの名作。歌の力、音楽の力の素晴らしさしみじみ感じさせてくれる、コメディ映画です。

クラブ歌手のデロリス(ウーピーゴールドバーグ)はひょんなことがきっかけで命を狙われる身となり、刑事の計らいで修道院に身を隠すことになります。今までのド派手でゴージャスな生活から一変、地味な暮らしを余儀なくされた彼女は不満の塊に。

そして修道院の聖歌隊の歌の酷さにしびれを切らし、彼女は聖歌隊の改革に取り組み始めます。

何しろ楽しいのがデロリスのキャラ。そして彼女のパワーに巻き込まれてどんどん生き生きしていく修道女たちのパワー。そして彼女たちの取り組みは修道院と街の人々との関係をも変えていきます。

好きなことに取り組むと人生はどんどん生き生きするのよ、って教えられる作品です。

 

さあ、いかがでしょうか。

2017年も残りわずか、ハッピーな映画を見て2018年に向けて気合を入れ直すのもありかも!!どれも素晴らしい映画です。寒くてお家にこもっちゃう日なんかにはぜひ、見てみてくださいね。

関連記事

クリスマスに大切な人と!みんなで楽しめるオススメ洋画!

RELATED POST