邦画

実写版・キングダムの公開はいつまで?映画公開日やキャストとあらすじも紹介!

中国春秋戦国時代を舞台にした壮大なドラマで戦災孤児の少年の成長劇である“キングダム”

2006年より連載開始で瞬く間に大ベストセラーとなり第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しました。

単行本の累計発行部数は3300万部以上で、ラジオドラマやゲームの世界へと発展すると、世界中にファンが増えていきました。

不遇の元に生まれた二人の少年が切磋琢磨しながら、おのれの剣術を磨き、天下の代将軍を夢見て日々奮闘しながら成長していくストーリーです。

【実写版・キングダムの公開日と作品情報(公開日、監督、制作費、など)】

【公開日】
2019年4月19日(金)

【原作】
原泰久原作の漫画で「週刊ヤングジャンプ」に連載されています。

【監督】
佐藤信介

【キャスト】
山崎賢人(信)、吉沢亮(嬴政・漂)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂)、本郷奏多(成蟜)、満島真之介(壁)、高嶋政弘(昌文君)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)

【制作費】
10億円以上

【公式サイト】
オフィシャルサイト

【キングダムはいつまで公開されている?】

実写映画『キングダム』の公開日は2019年4月19日。

あまりヒットしなかった映画でも1か月は公開されるため、少なく見積もっても5月19日までは公開されるはずです。

また、『キングダム』は原泰久の大人気コミックの実写映画作品なので注目度が高く、公開が伸びる可能性があります。

公開が伸びた場合、5月下旬~6月上旬ほどまで公開される可能性もあると思います。

作品と客の入り状況によって公開期間は変わります。

※あくまで予想となるため、確実ではありません。詳細は、公式ホームページをご確認ください。

キングダム・公式ページ

【キングダムの簡単なあらすじを紹介(ネタバレなし)】

監督は「アイアムアヒーロー」などを手掛けた佐藤信介監督です。

紀元前274年、中国の春秋戦国時代。

奴隷として生まれた少年・信と漂はいつか戦いで功を立て、天下の代将軍になる日を夢見て日々奮闘しながら修行に励んでいました。

先に転機が訪れた漂は王宮に召しかかえられたが、ほどなく勢力争いに巻き込まれ大けがを負ってしまいます。

力尽きた漂の意思を次いで信が向かった村には、漂そっくりの少年・政がいました。

彼こそのちの始皇帝となる秦国の若き王・えい政でした。

友の死や恩師との出会い、よき上官との固い絆など、多くの人間ドラマや壮絶な戦いを経験しながら、少年たちは運命に翻弄されていきます。

【キングダムのキャストを役柄とともに紹介!】

信 役 山崎賢人


本作の主人公・信は戦争で身寄りをなくした孤児ながら、幼なじみで親友の漂とともに武功を上げて「天下の大将軍になる」ことを夢見ます。

漂の王宮行きをきっかけに秦王・えい政と出会います。

嬴政・漂 役/吉沢亮


嬴政/秦国の若き王、後の始皇帝。

腹違いの弟・成きょうが起こした反乱により王宮に追われる身に。

その胸の内には、「中華統一」という熱き情熱を秘めています。

楊端和 役/長澤まさみ


山の民を武力で束ねた美しき山界の王。

信の敵なのか、味方なのか…その存在は謎に秘められています。

河了貂 役/橋本環奈


鳥を模した不思議な蓑を被った、山民族の末えい。

金目当てに信・えい政と行動を共にします。

成蟜 役/本郷奏多


えい政の異母兄弟。

実母が王族の血を引いている自分こそが純血であり、王にふさわしいと考え反乱を起こします。

壁 役/満島真之介


昌文君の副官であり、えい政に忠義に尽くす武将。

昌文君 役/高嶋政宏


えい政に忠義に尽くす第一の側近。

王宮を追われるえい政の替え玉として漂を王宮へ連れていきます。

騰 役/要潤


王騎の副官であり、常に傍らに控え忠義を尽くす武将。

王騎 役/大沢たかお


秦の六大将軍のひとり。

王宮内の権勢争いには全く興味を示さず、血が沸き立つような戦場のみを求める得体の知れない人物。

【まとめ】

・累計発行部数3300万の漫画が待望の実写映画化。

・原作者さえ涙する壮大なスケールの内容と感動のドラマ。

主題歌にあの人気バンドグループ”ワンオク”が起用されています!!

RELATED POST