ドラマ

デジタル遺品整理サービス業者は実在する?ドラマdele(ディーリー)の元ネタは?

7月27日スタートのドラマ、『dele(ディーリー)』

菅田将暉さんと山田孝之さんという実力派若手イケメン俳優のW主演!楽しみで待ちきれません笑

キャスト陣の豪華さはさることながら、そのドラマの内容がとっても興味深いものなんです。

本作の主人公・坂上圭司(山田)真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、 
クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録
すべて“内密に”抹消する仕事。

しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、 
クライアントの人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれていくことに…。

テーマは『デジタル遺品』

パソコンにスマホ、様々なデジタル機器に取り囲まれている現在の私たちの暮らしのなかで、誰もが一度は考えたことがあるであろう、『死んだ後、これらの中のデータはどうなるんだろう。』という疑問を深掘りしたのがこのドラマです。

ドラマが面白そうなのはいうまでもないですが、気になるのは

『実際にこのdale.LIFEのように、誰かの死後のデジタルデータ抹消をしているような会社は存在しているのか?』

ということ!本日は実際にデジタル遺品整理業者が存在しているのかについてしらべてみました。

 

デジタル遺品整理業者?dele.LIFEってどんな会社?

 

一人の人間が大量のデータを所有している以上、いきなりこの世からいなくなった場合のそれらのデータが誰かに見られることを思うと恐ろしいですよね。

絶対誰にも見られたくないデータを隠し持っていたりしませんか?笑

全く悪いことではありません!でも、いきて入ればこそプライバシーを主張できるものの、死んだらどうしようもありません。

ドラマdale『ディーリー』の主人公である坂上圭司(山田孝之)(33)は、真柴祐太郎(菅田将暉)(25)とともに依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしている人物です。

出典http://dele.life/cast/
出典http://dele.life/cast/

 

スポンサーリンク

実際にデジタル遺品整理サービスは存在している?

個人的に思いました。『ぜひ、このようなデジタル遺品データを消去してくれる会社があるなら使いたい!!』

というわけで実際にこのような会社が存在しているのか調べてみました。

『デジタル遺品』というキーワードで検索すると、デジタル遺品業者、やデジタル遺品サービスなどのキーワードが浮かび上がってきました。

ここからはいくつかのオススメ遺品サービスを紹介していきたいと思います。

マレリーク

多くの場合、なくなった人のパソコンやスマホにはパスワードがかかっていますね。ドラマでは『人に見られたくないものを消去する』ことに焦点が当てられていました。

しかし現実的に考えると、家族写真や大切な書類類、それに個人で事業をしているようなかたの場合は会社関係の情報などなど、なくなった本人の周辺の人たちにとって大切な情報もたくさんあります。

現在日本に存在しているようなデジタル遺品整理業者と言われる業界は、『消したいデータの除去』よりも『必要データの救出』をメインにしているようです。

ただし、このマレリークはそんな中でもかなりオススメどが高い業者。理由としては、データ処理の際、これは家族が見ないほうがいいかも、、というデータを判別し、そこも含めて提案してくれるから。

ただし業者の方の目には触れてしまいますし、判断の基準はそれぞれなので見られたくないデータに関して完全に安心か?というとそうも言い切れません。

 

ファンデックス

こちらの業者は、デジタルデータの破棄を請け負ってくれます。

ただ、ドラマに描かれているような一部データの消去、というよりはもっと物理的に破壊してしまおう!というような大胆な手法でした。

ドラマを見て興味を持った方からすると、これはちょっと違う感が否めないかもしれません。

 

見られたくないデータがあるならこうしよう!絶対オススメの遺品データ消去なら?

発見しました。一番安全な方法。

家族には知られたくない異性との関係や、おかしな趣味の画像など、絶対に見られたくないものは誰にだってあります。

調査の結果一番安全で確実な方法は、アプリを利用すること。それは一定期間更新などがない場合に、自動的にファイルを削除する「死亡時自動削除ソフト」です。ある日突然事故死など出ない限り、ある程度寿命が予想できる方には一番オススメです。一週間ごとに削除予定日を更新したりしておけばより確実にデータは人目に触れません。

 

また、デスクトップ上に現れる遺言を開くとデータが削除されるソフトもあります。ここまでやっておけば確実。死んだ後に恥を書きたくなければ、やっておく価値はありそうです。

オススメアプリを紹介しておきます。

死後の世界

このソフトを利用すると、指定日数後、またはPCの最終起動から何日間かPCが起動されなかったときに、自動でPC内のファイルを削除できます。
また、そのタイミングで遺言(メッセージ)を表示させることもできるので、何か伝えたかったメッセージを残しても良いかもしれません。

死後の世界をダウンロード

Home → Software DownLoad → ユーティリティ → 死後の世界と進むとダウンロードできます。

僕が死んだら

プライベートなメールやファイルを削除!

このソフトを利用すると、自分の死後、見られたくないファイルを削除しつつ、遺言のようなメッセージを残すことができます。

僕が死んだらをダウンロード

まとめ

 

本日は、デジタル遺品サービス業者についてまとめていきました!

スポンサーリンク
RELATED POST