Sports

根尾昂[大阪桐蔭]・経歴と今後予想!巨人軍スカウトから注目か!?

甲子園で全野球ファンの注目をかっさらった大阪桐蔭の

根尾昴(ねお・あきら)選手に

巨人軍のスカウトが注目しています!

ここでどんな選手なのか、もう一度おさらいして行こうと思います!!!

プロフィール

 

名前:根尾昴(ねお・あきら)

生まれ:2000年

出身:岐阜県飛騨市

身長:177cm

体重:73kg

 

ポジション:内野手

球速:最速146km

チーム:古川西クラブ、飛騨高山ボーイズ、大阪桐蔭高校

スポーツ報知が報じたところによると、

プロのスカウト陣も下級生の頃から熱視線を送っている。

巨人・岡崎スカウト部長は「ポテンシャルが高い」と能力の高さを認め、

阪神の畑山チーフスカウトは「いろんな可能性を抱かせてくれる。ポジションは今、1つに決めることはない」

と、三刀流を可能にする野球センスを評価している。

投手としては最速148キロを誇り、内外野も高いレベルでこなす。投手と野手の両方でドラフト1位候補に挙がる逸材だ。

(スポーツ報知)

とのこと。

2000年生まれの選手がもうドラフト!?と驚いた筆者ですが(笑)

それは置いといて、彼の今までのご活躍をまとめていきます!!!

 

ジュニア時代の活躍は?

 

まさかの89m

直接野球とは関係ありませんが、小学生の頃にもとんでもない記録を出していたことが発覚。

よく体力テストとかであるソフトボール投げで、なんと89mとの記録を樹立。

私確か15mとかじゃなかったかしら、、、笑 私がしょぼいんではなくて、これで普通だったんです。

小学生にして、彼がいかに異常な肩の持ち主であることがわかります。

中学時代の優等生っぷり

中高一貫の大阪桐蔭中学に進学した根尾選手は、なんとほぼオール5の成績を納め、生徒会長までしていたらしいです。

アルペンスキーに取り組み、なんとその種目で全国中学スキー大会で全国優勝。

リアル出木杉くんですね。こりゃ笑

普通漫画の主人公だって野球一本やりでお勉強はできないのが普通(例外はタッチの和也笑)なのに、、、

飛騨高山ボーイズ

このチームで初の硬式野球に取り組み、思にショートとして活躍。実力を磨き、三年生で

JUNIOR ALL JAPAN 2015に選出され、メディアにも露出しだします。

 

大阪桐蔭高校入学 まさかの三刀流!?

 

入学前からその実力を買われていた大阪桐蔭では1年生の夏から18番でベンチ入りを果たします。

1年、秋に4回戦・大阪偕星戦に代打で出場し、まさかの一年生で公式戦初ヒット、勝ち越し左中間ソロを放ちます。

野手としてだけでなく、投手としても活躍する彼は、

公式戦マウンドデビューの同準々決・北野戦でも完封勝ち。

翌2年春の選抜に遊・中・投として臨み、決勝を除く4戦でスタメンとして活躍。

打手としてはショート兼センター。

フルスイングが強みで、長打を放つ左打者ですが、ミスショットの多さが玉にキズ。

今後は確実性と長打を兼ね備えた打者を目指していく、ってとこでしょうか。

攻守にやや粗いものの、スキーで鍛えた体幹と高い身体能力が特徴。

また、足が速く、50mを6秒1で駆け抜ける瞬発力、投手として148㌔を計測する強肩を兼備する。

投手としては、最速148㌔の直球を武器とする本格派右腕。

最速148㌔、常時140㌔前後から145㌔前後(救援)の切れの良いストレートと、

120㌔前後から120㌔台のスライダー、そして110㌔ほどの緩いカーブ。その他にチェンジアップを使い分け

打者を混乱させます。

ちょっと並べただけでも書ききれないほどのポテンシャルの高さにびっくりですね。

 

まとめ

 

プロスカウトが「今から一つのポジションに絞ることはない」とおっしゃる通り、

様々なポジションでの可能性を秘めている根尾選手。

ネクスト大谷の呼び声も高く、最近は優秀な選手がどんどんメジャーに流れていってしまい、

ちょっと寂しい日本球界を盛り上げてくれることでしょう!

楽しみすぎる!!!

メジャーな球団が注目しまくっているとのことなので、ドラフトで取り合いになる可能性も大ですが、

彼はどこに入るんでしょうか!!

今後もどんどん情報更新していきます!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

関連記事↓

金本知憲さんの経歴・ご活躍まとめ・その1[2018・野球殿堂入り!!!]

パドレス・日本人選手はいるの?[牧田和久の移籍が決定!!]サンディエゴ・パドレスって?

星野仙一と野村克也・その関係とは?ノムさんが星野さんの死を悼む。

RELATED POST