Sports

高木菜那が金メダルをとったマススタートとはどんな競技?ルールや他競技との違いを解説!

ささて!

平昌五輪も終盤戦ですが

またまた嬉しいニュースが飛び込んできました!

スピードスケートが熱かった今大会、

なんと高木菜那選手が、今大会二個目の

金メダル獲得という快挙を達成!

Embed from Getty Images

 

平昌五輪第16日の24日、スピードスケートの新種目、

マススタートが行われ、女子は決勝で、高木菜那(日本電産サンキョー)が優勝。

初代女王に輝くとともに、団体追い抜きに続く、今大会2個目の金メダルを獲得した。

引用:YOMIURI ONLINE

 

さて、そこで私が気になったのが

この、女子マススタートという競技について。

どうも今大会から新設された

新しい種目なようなのですが

一体どんな種目なんでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います!

 

まず、スピードスケートとは?

 

Embed from Getty Images
スピードスケートという競技ですが、

やたらたくさんの種目がありますよね。

まず、スピードスケートとは、

1周400mのスケートリンクを周回し、

ゴールタイムを競う競技のことをさします。

 

冬季オリンピックでは、

男子500m1000m1500m5000m10000m

女子500m1000m1500m3000m5000mの個人種目のほか、

トリノ大会からは「団体追い抜き(チームパシュート)」が採用されました。

 

この競技追加は妥当ではないかと思われます。

スキージャンプもフィギュアスケートも

国別対抗戦は行われていますもんね!

平野歩夢選手が銀メダルを獲得した

スノーボード競技は個人種目のみですが

ハーフパイプ、ビッグクロス、スロープスタイル、パラレル大回転などの

様々な種目が用意されています。

 

今回パシュート女子では

韓国の選手が置いてきぼり騒動を引き起こし

大炎上したり

そして日本チームが金メダルを獲得したりと

何かと話題を呼びました!

 

そして今回から採用されたマススタートは?

 

平昌大会から追加となった

マススタートは

個人種目ながら団体戦の要素も加わっているという

ちょっと面白い競技です!

 

他に、ワールドカップでは

2008年から2009シーズンまで

男女とも100mが実施されていたという過去も。

 

この競技では、選手たちが同時にスタートをきり

400mトラックを16周することによる

獲得ポイントで順位が決まります。

 

獲得ポイントは4周ごとの順位で決まり

4、8、12周の1位~3位までにそれぞれ

5、3、1ポイントの中間ポイント加算

そして

ゴール順の1位~3位には

ファイナルポイントとしてそれぞれ60、40、20ポイント加算

その中間ポイントとファイナルポイントの

合算で順位が決まるのです!

 

1位でゴールしても一番じゃない可能性があるってことですね笑

ちょっと複雑な競技ですね。

マラソンを得点制にしたようなものでしょうか。

 

まとめ

 

Embed from Getty Images

  • マススタートとは個人競技ながら大勢が一度に争う競技
  • ポイント加算制で、中間点と合計点の合算で順位が決まる
  • 数あるスピードスケートのうちの、1種目である

なるほ〜ど。

ようやくどんな競技なのか、わかったような気がします笑

マススタート、要は大量スタート。

名前のまんまなわけですね笑

同じような疑問を持った方のお助けになれば幸いです笑

 

RELATED POST