4回転(クワド)アクセルの成功者はいる?羽生結弦が挑戦を明言した4回転半ジャンプの難易度とは?

   




ソチ五輪、平昌五輪とオリンピック連覇の偉業を達成した

羽生結弦選手が、

今後について驚きの発言で世間をざわつかせています!

金メダルを肩から下げて登場した羽生は、一夜明けた心境を問われ、「スケートをやめる気はないです。夢はかなった、やるべきことはやれたというやりきった気持ちがあって、清々(すがすが)しい気持ちでいます」と満面の笑みで語った。

続けて「スケート以外のことで何かやりたいと考えても、一周回ってスケートに戻ってくる。人生をスケートにかけてきて良かったなと心の底から思えますし、もうちょっとだけ自分の人生をスケートにかけたい」と現役続行を明言。今後の夢、目標については「4回転アクセルをやりたい」とし、「最後の最後に僕を支えてくれたアクセルジャンプにかけてきた思い、時間を考えても、そのアクセルジャンプを大好きでいられることに感謝して、これからは4回転アクセルに挑戦していきたい」と意欲を語った。

引用:スポニチアネックス

 

なんとこのチャンピオン、今度は4回転半ジャンプに挑戦する気だというのです!!!

4回転半なんて今まで聞いたことも考えたこともありませんでしたが、

それって一体どのくらい難しいのでしょう?

スポンサーリンク

4回転半ジャンプの難易度とは?

 

まず、そもそも4回転ジャンプが相当難しいわけです。

出典:スーパーアスリート/金メダリスト育成プロジェクト

 

浅田真央さんが世界大会で最高レベルの選手だったことは記憶に新しいですね。

Wyeth1111さん(@pixy1959)がシェアした投稿


=”https://www.instagram.com/p/BfLJztoBu1y/?tagged=maoasada”

当時ライバルと称されたキム・ヨナ選手はとんでもなく優れた選手でしたが、

そんな彼女に対する浅田真央選手の武器となったのが

3回転半ジャンプ、トリプルアクセルでした。

真央さんの代名詞的ジャンプだったのは

世界に飛べる女子選手がほとんどいなかったからです。

このプラス半回転が大きく基礎点を向上させ、

それによって浅田真央選手の高い得点が叩き出されていたわけですね。

現在4回転ジャンプでも大変難易度が高いとされている中、

4回転半なんて決めたものなら

他の選手の追随を許さない、

絶対王者の称号を手に入れられることはもう間違いないわけです。

 

そもそも4回転半ジャンプって可能なの?

 

He DID it!!!!!!!

Yuzuru Hanyu 羽生結弦🇯🇵さん(@go.yuzuru_hanyu)がシェアした投稿 –

=”https://www.instagram.com/p/BfSSjKNlEBi/?tagged=hanyu”

ど素人的には

半回転付け足すのってそんなに難しいのかなあ

と思ったりしてしまうわけなんですが、

プロ的にはとんでもなく難しい話らしいのです。

元ふフィギュアスケーターの小塚崇彦さんによると

練習している選手はいます。5回転までは物理的にはできる、でも生体力学的にはあやしいといわれています。人間の脳が持たないんじゃないか。ただ4回転半をやればいいだけじゃない。プログラムの中に4回転半を組み込まないといけない。

引用:日刊スポーツ

とのこと。

物理的には不可能なわけではないらしいですが、

アクセルジャンプは半回転プラスなため、ジャンプの踏切が前向きだったりと

その成功はそう簡単ではないようです。

 

スポンサーリンク

4回転半ジャンプが飛べる人はいるの?

 

調べてみたところ、

現クワド(4回転)アクセルの基礎点は

成功した場合、最も高い15・0点となっていますが、成功者は誰もいません。

トリプルアクセル(3回転半)を、男子で初めて成功させたのは

1978年世界選手権のバーン・テイラー(カナダ)選手。

五輪初の成功者は、84年サラエボ五輪で銀メダルのブライアン・オーサー(カナダ)で、

彼は羽生のコーチを務めています!

もしも今後、羽生結弦選手が公認で4回転半に成功すれば、歴史にその名を刻む、

大偉業ということになります。

 

まとめ

 

谢瑾莹さん(@vivien_xie_)がシェアした投稿

  • 2018年現在、4回転半ジャンプに成功した人は誰もいない
  • 踏切、回転、着地などの点から、成功はかなり難しい
  • だが、物理的には可能である(小塚崇彦談)
  • ただし成功すればその基礎点は非常に高く、大会優勝の大きな材料になる

羽生結弦選手は五輪連覇を達成し、

正直今の自分に満足してしまっている、とも話していました。

自分が世界で一番、という状態でモチベーションを高めていくのは非常に難しいでしょうから

(それ考えたらショーン・ホワイトの3つ目の金メダルってすごいよな、、、)

あえてとんでもなくタフな目標を掲げて自分を高めようとされているのかもしれませんね。

いずれにせよ、羽生選手が今後も世界の人を楽しませてくれることは間違いなさそうです!!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

五輪関連記事

羽生結弦平昌後の予定は競技続行!?今後の予定をや世界のスケーターからの反応を紹介!

平野歩夢 スケボー(スケートボード)の実力は凄い!?ショーンホワイトと東京五輪で対決の可能性は?

平野歩夢・海外の反応まとめ!アメリカメディアも注目のクールなイケメン19歳!

平野歩夢と国母和宏が似てる!?平昌でショーンホワイトとの対決が期待されるイケメン19歳!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - Sports ,