ザギトワの実力の凄まじさ!親日ロシア人美少女は浅田真央やキムヨナより上をいく!?

   




フィギュアスケートの新女王は

なんと15歳の少女でした!

Embed from Getty Images
平昌五輪フィギュアスケート女子フリーの滑走が終わり

振り返ってみれば

金メダルを獲得したのは

若干15歳の

アリーナ・ザギトワ選手!

 

金メダル大本命と目されていた

エフゲニア・メドベージェワ選手をわずかに上回り

初出場金メダル獲得を果たしました!!!

Embed from Getty Images
日本代表の宮本知子選手も自己ベスト更新し

会心の演技を見せたものの

惜しくもメダルにては届きませんでした。

 

今回の女子フィギュアスケートは

トップ2のロシア勢が

まるで別次元にいるかのような

ハイレベル決戦を繰り広げ、

大いに盛り上がっていましたが

一体ザギトワ選手の実力って

歴代最高選手たちと比べて、

一体どんなものなのでしょうか??

 

スポンサーリンク

ショートプログラム

今回ザギトワ選手が更新した世界新記録ですが

『ブラック・スワン』に合わせて踊ったSPで、

得点は82.92

3人前に滑ったエフゲニア・メドベージェワの出した歴代最高スコアを更新しました。

浅田真央

Embed from Getty Images
対する浅田真央選手のSP最高得点は78.66

その差なんと4.26ポイント!

キム・ヨナ

Embed from Getty Images
絶対女王と呼ばれたキム・ヨナ選手も、78.50ポイント

ザギトワ選手を大きく下回っています。

 

メドベージェワ

Embed from Getty Images
今回の平昌五輪以前でSP得点を80ポイント台にのせていたのは

エフゲニア・メドベージェワ選手

今回の銀メダリスト、ただ一人でした。

 

フリープログラム

 

今回ザギトワが叩き出したフリーの得点!

156.65!

驚異の得点です。

また、実はこの得点、

エフゲニア・メドベージェワのフリーも

全く同じ得点でした。

メドベージェワ

フリーの世界最高得点は、メドベージェワの160.46ポイント。

これは2017年、世界国別対抗戦での得点です。

浅田真央

142.71ポイント。時代は変わってきたんですねえ、、、

あの頃浅田真央さんといえば世界最高の演技だと思っていました、、、

キム・ヨナ

キムヨナのパーソナルベストは150.06ポイント。

あのキムヨナ選手を10点上回っているって、、、

もはや何が何だかわからない領域です。

 

技術、表現力はずば抜けているのは

素人目に見ても明らかですが

一体この超高得点の秘訣はなんなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

超高得点の秘訣は何?

今回のザギトワ選手の得点がこちら。

ジャンプで非常に高得点を獲得しています。

その秘密は構成にありました。

 

ジャンプを後半に持ってくることによって、

基礎点が1.1ポイント高くなる、という

フィギュアスケートのルールを熟知した上での

ポイントを稼ぐための構成だったというわけなんです。

 

それに対して、元フィギュアスケーターの

アシュリーワグナー選手(アメリカ)は

競争心旺盛な点にはいいと思う。でもちょっとこれはあんまりよ。

演技じゃないわ。彼女は前半ひたすら時間を潰して、後半にジャンプをまとめた。

採点の仕組みがそうさせるのだろうけど、それはまったくフィギュアスケートではないと思う。

でも得点は得点。採点の仕組みであり、

彼女はそれに合わせて演技しているだけ。

彼女のことを責めることはできないけど。

と反論。

 

フィギュアスケートは競技である一方で

客を楽しませるためのパフォーマンスであるという見方もできます。

難しいところですよね。。

Embed from Getty Images
特に今回銀メダルだったメドベージェワ選手は

表現力が素晴らしく

客の反応的にはピカイチだった、

というのもあって

ザギトワの演技構成には賛否両論

様々な意見が集まっているようです。

追記:ザギトワのせい!?まさかのフィギュア、ルール改正決定

 

Embed from Getty Images
今回のザギトワ選手への様々な意見があり

(アシュリーワグナー選手からの構成批判など)

今回ザギトワの優勝が決まった直後には、

今後の大会に置いて

国際スケート連盟が、バランスに偏りのないプログラム構成を推奨するため、

後半ジャンプの本数を制限するという、ルール改正に動き出すことがわかりました。

 

今回は銀メダルのメドベージェワ選手も

フリーのジャンプ7本は全て後半という構成でしたし

何よりザギトワの演技のインパクトが強かったため

このような自体になっていると考えられます。

 

まとめ

 

さて、様々な議論を呼んでいる

今回の平昌五輪・女子フィギュアスケート!

 

ジャンプを後半に詰め込んで卑怯だ!ということですが

一体どうして後半のジャンプの点が高いのかというと

 

疲れてきている中でもジャンプが

難しいからなわけですよ。

 

リスクがある中全てのジャンプを完璧に決めてくる

ザギトワ選手の実力はやはり格別。

Alina Zagitovaさん(@azagitova)がシェアした投稿


まだ15歳の美少女は金メダルに関して

まだまだ改善の余地はある。

と発言もしていますし

年齢的にも今後まだまだ伸びてくる選手だと思われます。

今後の活躍が本当に楽しみですね。

関連記事

ザギトワとメドベージェワの関係(仲)ライバル?仲良し?揃って美人で実力も凄い!

メドベージェワ・衣装が素敵でセンスがいい!衣装&私服まとめ!

アリーナザギトワの生い立ちや家族は?強さと美しさの秘密は一体何?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - Sports ,