国内トレンド

樹木希林さんの家族・旦那や子供、孫まで芸能一家!林檎殺人事件とは?

女優の樹木希林さんが、ガンの全身転移のため、75歳でなくなっていたことがわかりました。

日本を代表する演技派女優さんが泣くなられたとのことで、寂しい限りです、、。

最期はご家族に囲まれて亡くなった、との報道でしたが、名女優、樹木希林さんのご家族はどんな方達だったのでしょうか。

スポンサーリンク

樹木希林さんの家族

ご主人:内田裕也


ご主人はミュージシャンの内田裕也さん。

最近の芸能界のご夫婦は離婚だ不倫だトラブルが絶えませんが、このお二人は若い頃かた仲睦まじい、オシドリカップルでした。

かなり奇抜な印象の内田裕也さんですが、ご家庭では愛妻家だったようですね。

そんなお二人の若い頃の写真がこちら。


す、すごい笑

とってもお似合いです!若い頃の樹木希林さんはだいぶ現在とは雰囲気が違いますね!


こちらは結婚されたことのお二人。

娘:内田也哉子(うちだ・ややこ)

エッセイスト、女優、歌手として活躍されている、裕也さんと希林さんのお嬢さんです。

樹木希林さんが出演した映画、『東京タワー、僕とオカンと時々オトン』では希林さんの娘役で出演されています。

#東京タワーオカンとボクと時々オトン #松岡錠司 監督 ★★★★★ リリー・フランキーの同名小説を、オダギリ ジョー、樹木希林主演で映画化した、母子の絆を描いた感動作。 昭和の筑豊の炭鉱町で育った主人公・ボクが、平成の東京タワーの下で母・オカンを看取るまでを描く。 脚本は、『恋の門』の松尾スズキ。 ・ ・ リアルタイムで観て以来にDVDを購入したので再び観た。 前も泣けたけど、今回も泣けました。 今は母を亡くしているので余計に心に迫りました。 こういう話は観るのが辛い… ・ 特典ディスクが1枚付いていてガッツリとインタビューやらメイキング映像が入っていて良かった。 ・ オダギリジョーは母子家庭、樹木希林は時々オトン状態で子供を育てた、脚本を書いた松尾スズキは原作を書いたリリーフランキーと同じ福岡出身と、この映画のキャスティングやスタッフが色々とうまく絡み合ってるんだなぁと改めて思った。 監督とオダギリは旧知の仲みたいだし。 ・ 「ゆれる」のメイキングでも思ったけど、オダギリの泣きの演技がスゴい! 5分くらいで気持ちを作って涙をボロボロ流していてすごい演技力だと思った。 ・ #オダギリジョー #樹木希林 #小林薫 #内田也哉子 #松たか子 #松尾スズキ #リリーフランキー #さゆ映画記録2018

さゆさん(@urara333)がシェアした投稿 –

娘婿:本木雅弘

そんなお嬢さん、内田也哉子さんのご主人が、なんとあの本木雅弘さん。

ここまでくると完全に芸能一家ですね。当時はかなり騒がれましたが、若い世代は知らない方も多いんじゃないんでしょうか。


本木雅弘さんが一目惚れするのもわかる、べっぴん奥様です。

元木さんと也哉子さんの間には、長男・雅樂(うた)くん、長女・伽羅(きゃら)ちゃん、次男・玄兎(げんと)くんという三人のお子さんがいます。

今の所表立って芸能界で活躍しているのは、長女の伽羅ちゃんだけなようです。

孫・内田伽羅

女優として活躍を始めた伽羅さんとは、樹木希林さんも共演を果たされていました。

映画、『あん』

幼少期からインターナショナルスクールに通われ、イギリスへの留学も経験しているというこの伽羅さん。

今後はおばあさまと同じように、海外でも活躍するような女優さんになっていかれるかもしれませんね。

話題の林檎殺人事件とは?

ニュースで取り上げられている、林檎殺人事件とはなんだったのでしょうか。

答えは、郷ひろみさんとともに歌って話題になったこちらの楽曲。このタイトルが『林檎殺人事件』だったのでした。

二人揃ってとっても楽しそうなのが印象的です。今の希林さんの様子しか知らない人にはびっくりな映像ですね!

1979年には、歌番組『ザ・ベストテン』で第一位を獲得していました!

スポンサーリンク

訃報を受けて、芸能界の反応

あれだけの存在感を誇った女優の訃報、悲しみの声が寄せられています。


 

まとめ

福佐藤生さん(@ftw.jp1388)がシェアした投稿

ガンが全身に転移し、決して楽ではない状況の中、『万引き家族』はカンヌ国際映画祭にて高い評価を受け、

最後の最後まで女優としての天命を全うされた樹木希林さん。

娘さんともお孫さんとも共演を果たし、最期は家族にみとられたということですからとても素敵な人生だったように思えます。

日本の映画界に残した大きな功績は、これからもたくさんの人の心に残り続けると思います。

寂しい限りですが、ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク