Japan

豊橋祇園祭の花火2018!有料席チケット予約情報と会場へのアクセスは?評判もまとめ!

みなさん皆さんもうすぐ花火のシーズンですが

今年の花火大会の予定は決まっていますか??

本日紹介するのは豊橋祗園祭の花火大会!

豊橋祗園祭は手筒花火発祥の地で行われる、450年以上の歴史のある花火大会で

12000発もの花火が盛大に打ち上がります。

水中花火などかなりユニークな花火が多くファンの多い大会で

かなり混雑するのが難点、、

 

なんとか混雑を避けたい!と願う方にもってこいなのが

有料席の事前確保です!

どうやってチケットを購入するのかなどをまとめていきます♪

今年の流行りは大正ロマン風、レトロ柄!!!

 

豊橋祇園祭花火!基本情報と評判は?

 

打ち上げ数:12,000発
花火の種類:音楽連動の花火あり、水中花火あり、ナイアガラが見られる花火あり、手筒花火あり、ワイドスターマインあり
来場者数:100,000人
開催日時:7月20日(金)手筒花火:18:40~22:00 、 21日(土)打ち上げ花火:18:00~21:00
荒天の場合:7月20日(金):雨天決行  、 21日(土)小雨決行、荒天時は22日(日)に延期
会場:愛知県 豊橋市 吉田神社、豊川河畔
豊橋駅(JR、名鉄)徒歩15分、又は路面電車(市役所前)徒歩5分

 

この花火大会は花火のバラエティが豊かなことでも人気です♪

特に素晴らしいと評判なのが『ナイアガラ』

やたらトレンディな名前の花火ですが、その正体は

仕掛け花火の一種で、一列につなげた管から一斉に火の粉を落とす花火で、まるで火の粉が滝のように見えるため

ナイアガラ(の滝)花火、と呼ばれているんです。

 

またスターマイン、という花火も目玉なのですが、これは速射連発花火のこと!

連続で上がるのでとても迫力があるダイナミックな花火です!

 

ただしこの花火、位置的には低めに上がるので

それもあってこの大会は有料席が大人気なんです!

やはり種類の多い花火と、便利なアクセスで非常に人気のようです!

有料席情報&予約方法

Yuさん(@yuyu2194)がシェアした投稿

ではお待たせしました♪

有料席情報2018!行って見ましょう!

祗園豊橋花火大会では、桟敷席(指定席)の名前で花火の有料けんが販売されています!

お値段は一席 4000円(定員1名)

 

*ちなみに昨年まであった自由観覧席は今年から廃止されていますのでご注意を!

低めの花火が多いこの大会では有料席がかなり人気です♪

席は2種類あります。

平面ブロック席

河川敷に木材で組み立てたマス席です。お弁当等を広げたりすることもできて

お花見のような感覚で花火を楽しめます!!比較的大人数での観戦におすすめのお席です。

[一席1名]¥4,000- 消費税・送料込

  • 3歳児以上のお子様は桟敷券が必要です!
  • 予約は最低10人から!それ以降は5人単位で注文ができますので、ご家族で観覧される場合などは何家族かでまとめてとったほうがいいです!

階段席

石の階段部分に設置した席で、こちらは何人でも購入できます。

椅子のような感覚で座れるので、地面に座るのがきつい方には最適。

[一席1名]¥4,000- 消費税・送料込

購入はチケットぴあからできます!

こちらから購入

 

 

会場はのアクセスは?

チケット購入をしてしまえば、あとは安心して当日会場へ向かうことができます♪

最後に会場へのアクセスをお伝えしますね!

会場場所:愛知県 豊橋市 吉田神社、豊川河畔

交通アクセスは豊橋駅(JR、名鉄)徒歩15分、又は路面電車(市役所前)徒歩5分

公共の交通機関で非常にアクセスしやすいロケーションです!

有料席のチケットは現在のところ発売中ですが

先着順で売り切れ次第終了ですのでお早めの確保をオススメします!!

売り切れた場合や、やっぱり場所取り頑張るから無料で見たい!という方はこちら

直前になって慌てることのないよう、準備は万全に

そして当日は相当の混雑が予想され、いつもより動きも取りにくくなりますので

当日も時間に余裕を持って行動しましょう!

 

RELATED POST