Japan

利根川花火大会 2018!場所取りにオススメの穴場スポットと持ち物の情報まとめ

どうも!マギーです!!

夏ですね♪

花火の季節がやってまいりました!

みなさんもう今年の花火大会の予定は立て始めましたか?

 

今日紹介するのは

利根川大花火大会!

moekoさん(@nyaa_necho)がシェアした投稿

首都圏でも随一の規模を誇る

毎年たくさんの人が楽しみにしている花火大会です!

みなさん昼間から気合いを入れて場所取りに励まれますよね。

ということで今日は、

オススメの場所取りスポットと場所取りに持っていくべきアイテムを

まとめて行きたいと思います!!!

 

利根川大花火大会・基本情報

花火打ち上げ数:2万2800発
打ち上げ時間:90分
前年の人出: 約15万人
開催日時: 2018年7月14日(土)19:30~21:00
荒天の場合: 荒天時は2017年7月15日(日)に延期
交通: JR古河駅または東武鉄道東武動物公園駅から境車庫行バスに乗り40分 境町下車徒歩3分、
圏央道境古河ICから車で10分 ※当日は会場周辺で交通規制あり
駐車場: ○ 1000台

打ち上げ場所はここです!↓

ズバリ具体的に、場所取りのオススメ穴場は??

 

打ち上げの場所は

『さかいリバーサイドパーク』です。利根川河川敷、かと思っていたら

正式名称があるんですね笑

普段はごく普通ののどかな河川敷ですが、花火大会当日ばかりは

その雰囲気は一変。

fumiyaさん(@fumiya092)がシェアした投稿

屋台が並び、大賑わいになります!

やはり場所は

花火大会会場に指定されている

さかいリバーサイドパークになります。

 

花火大会、穴場は?

意外にもオススメできるのが

会場反対側の河川敷

出店などは出ないので少々寂しいですが、

人混みが苦手だ!という方には

こちらの方をオススメします^^

 

さて、王道の会場で場所を取るんだ!という方には

午後3時、遅くても4時には会場入りしてレジャーシートで場所を取らないと

座る場所はなくなります笑

 

花火開始は7時半なので、4時間ほど待たないといけなくなりますね。

 

花火の場所取り!持っていくべきものは?

まず一番大事なもの!

レジャーシートです!

これがないと場所を確保できませんし、

下は芝生ですが服が汚れる可能性もあります。

長時間座るので、大きめのサイズ(昼寝ができる)

そして厚手のものがあると座りやすいです♪

 

そして意外とないと困るのが、

日焼け止めや帽子など、日よけグッズ!

場所取りしている昼間はかんかん照りですし、河川敷に日差しを遮るものはないですからね。

食べ物&飲み物 with クーラーボックス

特に一人で場所取りの場合、なかなか外に出にくい状況になりますし

真夏のこの時期冷たいビールを買ってもすぐぬるくなります。

クーラーボックスがあるとかなり快適に過ごせます!

最近はおしゃれなデザインのクーラーボックスがあるんですねえ。

 

スマホの充電器!

これはもう、みなさん忘れないですよね笑

とにかく暇ですから♪

本を持って行ったりしてもいいと思います!!

 

場所取りは大変ですが、

きちんと準備して余裕を持っていくことで

最高の花火を楽しめますよ♪

 

この記事がみなさんのお役に立てれば嬉しいです!

RELATED POST