Japan

天神祭花火2018!有料席の予約方法や当日券の情報!場所取りの穴場はここだ!

Maggie

もう今年の花火の季節だね!

みなさんしっかり予定を空けて準備を始めていますか?

Harryくん

Yaay!楽しみだねえ!!でも花火大会って
きちんと事前にリサーチをしているかいないかで、
花火を満喫できるゆとりが大きく変わってくるよね。

そう。当日になってからでは人混みや渋滞に飲み込まれ、現場でリサーチをするのは至難の技なのが花火大会です。

事前にしっかりリサーチし、当日パキパキ行動できると、渋滞に巻き込まれたり人混みに飲まれて時間に会場にたどり着けなかった、、、なんて事態を避けることができます♪

 

というという今日はみなさんが天神祭花火を十分に楽しめるように、全力で情報提供をしていきたいと思います!

ということで本日は、『天神祭花火2018!有料席の予約方法や当日券の情報!場所取りの穴場はここだ!』

ということで順番にお伝えして行っちゃいます!!!

天神祭花火大会の基本情報まとめ

打ち上げ数: 約5000発
打ち上げ時間: 約80分
前年の人出: 130万人
開催日時: 2018年7月25日(水)19:30~20:50
荒天の場合: 荒天時は中止
交通: JR桜ノ宮駅西口から桜之宮公園沿いを南へ徒歩2分、京阪鉄道・大阪市営地下鉄天満橋駅から徒歩5分
駐車場: ×
問い合わせ先:06-6353-0025 大阪天満宮

そして花火の打ち上げ場所はこちら!

なんと1000年以上続く歴史を持ち。日本三大祭りの一つと言われている、大阪府大阪市の天神祭。毎年130万人が訪れる日本でも有数の大イベントで、その最後を飾るのが天神祭奉納花火です!聞いただけで興奮しますね!!

約100隻の大船団のかがり火と、約5000発の花火が織りなす光景は本当に幻想的です。火のお祭りといったところでしょうか。そして毎年、天神様にちなんで、梅鉢の形に開く紅梅のオリジナル花火が打ち上げられることでも有名です。

大阪に住んでいなくても一度は行ってみたい花火大会ですね♪

天神祭花火大会の有料席と予約方法は?

 

まず、天神祭花火ではこんな有料席の用意があります。

場所は花火打ち上げ場所の真横に位置する『大阪ふれあいの水辺』

wakaさん(@waka9512)がシェアした投稿

[砂浜自由席](レジャーシート付):1人 4,000円
・イス、テーブルなし
・券1枚につきソフトドリンク1本と、記念品としてレジャーシート1枚。
・記念品のレジャーシート以外で場所取り不可。

[テーブル指定席]:1テーブル 22,000円(5,500円×4人席)バラでの購入不可。
・席は1テーブルにつき4名様まで。1テーブルにつき4枚のチケットが発行。
・券1枚につきソフトドリンク1本と、記念品としてレジャーシート1枚。
・指定席のお席は選べない。

そしてふれあい公園以外でも観覧席の用意があります。

【OMM 21階屋上観覧席(奉納花火)】
① 観覧場所:大阪市中央区 OMM 21階屋上
② 観覧席数:150席
③ 販売価格(税込):お一人様/おとな・こども共 18,000円
※特製弁当、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブック付
④ 当日スケジュール
18:30 開場
19:30 奉納花火打ち上げ
21:00 終了

【桜之宮 船渡御観覧席】
① 観覧場所:大阪市都島区 毛馬桜之宮公園
② 観覧席数:300席
③ 販売価格(税込):お一人様/おとな・こども共 16,000円((特製弁当、天神祭うちわ、渡御解説書、虫除けグッズ、ソフトドリンク1本、天神祭ガイドブック付)
④ 当日スケジュール
17:30 開場
18:00 船渡御スタート(適宜解説あり)
19:30 奉納花火打ち上げ
21:00 終了

花火大会にお金を払うなんて!無料で楽しめるのが花火大会の良さじゃない!

と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、以外とそうでもないんですよ。

まず有料席を利用する人は、花火大会といえば絶対に必要である『場所取り』の大変さから逃れられます。特に河川敷で行われる花火大会の場合などは日焼けするのは確実ですし、健康な人でも体力的にはかなり消耗します。お年寄りや小さなお子様を抱えている場合などは特に大変です。

そしてデートで花火を見に行く場合も特に有料席がオススメです。

なぜなら『場所取り』には、暑い、焼ける、時間が無駄に長い、など特に付き合いたてのカップルには三大大敵とも言えることが三拍子揃っちゃってるんです!

よく初デートでディズニーに行くと別れる!なんて言われますが、これも同じ理由からですね。悪いことは言いません。有料席、その価値はあります笑

きちんと席を確保して、快適でスマートなデートを楽しみましょう!

真夏の夜に手を繋ぐかもしれないなら!対策はしておくべきです笑

有料席が売り切れた場合!!当日券って買えるの?

 

そう。花火大会の有料席って一回使ってハマる人が多く、かなり早い段階で売り切れ!なんてことも有名大会では良くあることです。

そこで、天神祭花火に当日観覧券などの用意はあるのかも調べて見ました。

 

調査の結果、残念ながら当日券の用意はないことがわかりました、、、

ということは上記のチケットが売り切れたら最後!場所取りしかなくなります!!チケットゲットはくれぐれもお早めに♪

有料席チケットお求めはこちらから♪

■ 全国のJTBの各店舗・エースJTB取扱店
■ オンライン旅行予約サイト「るるぶトラベル」 
チケットぴあ 
■ コンビニエンスストア
ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス

場所取りするならここ!オススメの穴場スポットは?

 

先ほどはいかに有料席が素晴らしいかについてお伝えしましたが、実は場所取りでも楽しい場合があります。

仲の良い友人同士の集まりや宴会の場合、です!笑

大学生同士での花火観覧などの場合は、むしろ暑い仲ギャーギャー言いながら場所を取るのが楽しかったりするんです。また場所取りをすごく頑張った後のビールは最高ですしね!!!

というわけで場所取りをするならここがおすすめだよ!という穴場スポットも紹介しておきます。

何しろオススメなのが、大川に橋がたくさんかかっているのですが

その両側は花火がとてもよく見えます。

代表的な橋としては

  • 川崎橋
  • 桜ノ宮橋(銀橋)
  • 都島橋


など!

または藤田邸跡公園桜ノ宮公園もよく見えます。しかし最近はこうした穴場と言われる場所にもかなり人が集まってくるので、場所取りは早め。具体的には5時前くらいには場所確保をオススメします♪なんたって100万人越えのお祭りですからね!

そしておまけですが、場所取りをするなら絶対に用意しておくべきな必須アイテムがこちら!

クーラーボックス

もちろん、中にキンキンのビールとお水を入れておくためです!花火大会当日はかなり暑くなることが想像されます。熱中症対策としてはもちろん、長い場所取りを快適にするためにもクーラーボックスは用意しておくといいですよ。

 

日焼け止め&日傘

花火大会に日焼け止めや日傘を用意しない人が意外と多いのですが、私に言わせればこれが一番大切です!花火の穴場というところは基本的に太陽を遮るものがないところですから、日焼け対策をせずに場所取りをすると半年ほど大公開をすることになります。

 

個人的におすすめなのがビーチもバッチリなこちら!内側から日差しをブロックすることで全身くまなく日焼けを防ぎます。一度使うと本気で毎日飲みたくなります笑

まとめ

 

本日は『天神祭花火2018!有料席の予約方法や当日券の情報!場所取りの穴場はここだ!』ということでお伝えしてきました!

何しろコツは事前にリサーチと段取りをしておくこと。これにつきます!

しっかり準備して、楽しい花火大会にしましょうね!!

他に穴場はここがおすすめですよ!とかコメントお待ちしています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

RELATED POST