Japan

桂歌丸の家族!生い立ちがすごい!妻と子供や三遊亭圓楽との関係は?

長年国民的長寿番組、『笑点』に出演し、お茶の間の人気者として日本人に親しまれてきた桂歌丸(かつら・うたまる)さんがお亡くなりになったことがわかりました。

子供からお年寄りまでみんなが視聴する人気番組だったこともあり、ショックを受けられている方も多いのではないでしょうか?

メンバーは時々入れ替わりがあったものの、中でも歌丸さんは初期メンバーとして活躍されていたため、なんと1966年から出演。5代目三遊亭圓楽さんが亡くなった後、引き継ぐ形で司会者となり、病気療養で勇退するまで長らくに渡って番組を盛り上げました。

そんな人気者の歌丸さんでしたが、私生活に関してはプライベートを遵守されており、謎が多いことでも有名でした。

今回は、桂歌丸さんがどんなご家族に囲まれて生活されていたのか。また、半ば罵り合いに近いような漫才で大人気だった、歌丸さんと6代目三遊亭圓楽さん(写真、後列左から二番目)の関係についてもまとめていきたいと思います!

 

桂歌丸さんの家族

歌丸さんのご家族としてもっとも有名なのが、当時としては珍しく姉さん女房だった妻、冨士子さん。

歌丸さんよりも4歳年上とのことですから、現在85歳。

そんな二人の出会いは、歌丸さん、冨士子さんともに生まれ育った横浜市中区の真金町。昔からのお知り合いだったようです。

歌丸さんは若くして結核で父を亡くし、姑との折り合いが悪かった母も家を出たため、おばあさんである椎名タネさんに育てられられました。ちなみに桂歌丸さんの本名は、椎名巌(しいな いわお)さんです。

ご実家は永真遊郭といういわゆる遊女屋。

戦前の話ですからね。なんとも時代を感じさせます、、。

こちらは明治40年ごろの永真遊郭の入り口の様子です。現在は跡形もありませんが、昔は横浜にも遊郭が存在していたのですね。

そしてこのおばあさんであるタネさん。かなりのおっかないおばさんで有名だったんだそうで、「真金町の三大ばばあ」と呼ばれていたんだとか笑

戦前戦後を通して遊郭を切り盛りしていた相当やり手のおばあさんだったんですから、この強烈なおばあさんの姿を見て育った歌丸さんは『強い女性』に慣れていたんでしょうか。

しかしそんなタネさんも歌丸さんが16歳の頃になくなり、歌丸さんはその後21歳という若さでご結婚されています。大事に育ててくれた家族を亡くした寂しさも、歌丸さんを早めの結婚に駆り立てたのかもしれませんね。

妻・冨士子さん

出典:ぽこあぽこ

 

もともとおばあさんのおかげで強い女性慣れしていたからか、この奥さんの冨士子さんも相当な恐妻で有名でした!

二人が結婚した時、歌丸さんはまだ駆け出しの落語家で、もともと近所出身、顔見知りだった冨士子さんと結婚しました。

実は歌丸さんは当時の師匠、5代目今輔さんに勧められていた女性がいたそうですが、そちらを断ってまで冨士子さんと結婚したと言いますから、相当冨士子さんが好きだったんでしょうね。

落語家として歌丸さんが大成するまで20年ほどは経済的にも苦しかったようですが、二人はその時期を乗り越え、なんと結婚から60年。歌丸さんが亡くなられるまで添い遂げられました。

ほとんど表の世界に顔を見せなかった冨士子さんでしたが、唯一歌丸さんの旭日小綬章と金婚式を祝う会には二人揃って公の場に参加されました。

写真を見てもわかりますが、とてもお綺麗です。別の女性を振り切ってまで冨士子さんを選んだのにも納得。

笑点のネタのために、冨士子さんを『不細工』『愚妻』といった表現で表したこともあったようですが、これはどう考えても日本独特の謙遜表現でしょうね。信頼関係があったからこそできたことなんでしょう。

本当は奥さんが大好きだったのがよくわかります。

Harryくん

やはり夫婦はこうでなくっちゃ。最近の芸能界の不倫騒ぎを起こしている皆さん!歌丸さんの爪の垢でも煎じて飲ましてやりたいものです笑

 

歌丸さんの子供や孫は?

そんな歌丸さんと冨士子さんに、お子さんはいたのでしょうか?

調べたところ、お二人にはお嬢さんがお一人いらっしゃることがわかりました。ただし芸能人ではなく一般の方なので、詳しいプライベート情報はわかっていません。

そして娘さんも結婚され子供もいるとのことなので、歌丸さんがお孫さんにも恵まれていたということですね!

厳しい落語の世界の中で、若い頃は苦労も多かったのでしょうが、家族にも仕事にも恵まれた幸せな大器晩成型の人生だったんですね。

 

三遊亭圓楽(6代目)との関係は?

笑点の名物といえば、歌丸さんと円楽さんの罵倒しあいとも言える絡みでしたね!

仲が悪そうに見えておそらくとても仲良しだった二人の、実際の関係はどうだったんでしょうか?

死亡ネタ・ハゲネタ

何かにつけて円楽さんが死亡ネタ、ハゲネタで罵倒してきたのは有名です。

円楽 : 「歌丸師匠は本当に体が硬いですね」
歌丸 : 「ありがとう」
円楽 : 「死後硬直かな?」

 

円楽 : 「ラーラーラー 歌丸師匠を車に乗せて」
歌丸 : 「どこ行くの?」
円楽 : 「火葬場」

師匠に向かってとんでもない発言続出笑 不謹慎にもほどがありますが、視聴者からは大受けで名物ネタの一つでした。

 

しかしそんなどつきあいも信頼があればこそ。実はお二人は大変仲が良く、円楽さんは歌丸さんについて、

『僕の父親は3人いる。一人は実の父、二人めは5代目円楽、三人目は桂歌丸』というほど信頼されていたんだとか。

近年は二人でよく全国を周り二人会、を開催していたほか、メキシコまで訪れて二人落語を披露したことも。

さらには『歌丸師匠を人間国宝にしたい』と署名活動に奔走したりと、本当に歌丸さんを尊敬していたんですね。

落語の中では数え切れないほど亡くなってきた歌丸さんですが、今回の訃報を受けてもっとも残念に思われているのは、ご家族はもとより、円楽さんでしょう。

これだけ多くの人に愛され、尊敬された桂歌丸さん。ご冥福をお祈りいたします。

RELATED POST