松重豊と大杉漣の関係(仲)はよかった?バイプレイヤーズ仲間の仲の良さとは

      2018/05/23




北野映画をはじめとする多くの映画・ドラマ作品に出演し

日本国民なら誰もが知っている名俳優

大杉漣さん(66)

急性心不全のため、亡くなっていたことがわかり、

なくなる前日まで社会に衝撃が走っています。

「HANA―BI」など北野武監督(71)の映画をはじめ、数多くの作品で存在感を示した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名孝=たかし)さんが21日午前3時53分、急性心不全のため死去した。66歳。徳島県小松島市出身。出演中のドラマの収録後に倒れ、そのまま逝った壮絶な死だ。葬儀は故人と家族の意向で親族のみで営む。誰からも愛された名バイプレーヤーの突然の悲報は芸能界に衝撃を走らせた。

出典:スポニチアネックス

なくなる前夜まで、いつもと変わらず元気に撮影に臨み

大杉漣さん出演のテレビ東京のドラマ

「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」の放送日も重なっていたこともあり

まさかあの大杉さんがこんなにいきなり亡くなってしまうなんて、

と社会に衝撃が走りました。

亡くなった時家族や、ドラマ出演者に看取られた、ということもあって

その時の状況などに注目が集まっています。

 

スポンサーリンク

どんな状況で亡くなったのか

 

本当に、直前までいつもと変わらない様子だったようです。

20日。バイプレーヤーズの収録後に松重豊(55)さんら共演者と夕食食べ、

夜11時ごろホテルの自室に戻ったところで、大杉漣さんは腹痛に襲われました。

出演者同士が非常に仲が良く、グループLINEでつながっていたということで、

大杉さんは「具合が悪い、お腹が痛い」と松重さんたちに訴え、

異変に気付いた松重豊さんが一緒にタクシーで千葉県内の病院に連れて行ったそうです。

そこでできる限りの治療が施されたようですが、大杉漣さんの容体悪化。

臨終は松重の知らせを受けて病室に駆けつけた大杉さんの家族と

共演者の光石研さん(56)、田口トモロヲさん(60)、遠藤憲一さん(56)が看取られました。

 

こんなにあっけなく逝ってしまうなんて。

一体誰が想像できたでしょう。

非常に仲の良かった共演者たち

 

この、撮影中だった「バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」

というドラマは

名前のとおり、簡単にいうと

大杉さんのクルーザーで5人の名脇役の人が行方不明になってドラマの撮影現場が大混乱するというコメディで

長年仲の良かった共演者たちは、仕事ながら非常に楽しんで撮影に望んでいたようです。

共演者である光石研さんのInstagramでは

その様子がよく見て取れます。

本当に仲が良かった

 


いつも5人並んで記念撮影。

みなさん年配ながら、まるで大学生のような楽しげな雰囲気。

松重さんに肩を揉んでもらう光石研さん。


この写真が、みんなで写っている最後の一枚でした。

 

最後まで仲間と家族に囲まれていた大杉漣さん。

66歳とお若かった年齢を考えると残念でなりませんが

豊かな人々に囲まれ、幸せそうな人生に見えます。

21日放送のバイプレイヤーズは、

ご本人とご家族の希望もあり

そのまま放送されました。

最後まで大杉漣さんらしい、

みんなに囲まれた人生でしたね。

 

バイプレイヤーズ、共演者からのコメント

 

余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。

しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。

お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。

バイプレイヤーズ一同

遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研

 

スポンサーリンク

大杉漣さん、松重豊さんを語る

 

中でも大杉さんを病院に連れて行き、

最期まできっちり看取った松重豊さんとの関係は深いものだったようです。

2008年12月「はなまるマーケット」に出演した松重さん。

大信貴山のことを、こんな風に話していらっしゃいました。

「大杉さんのおかげですごく雰囲気も良くなるし。映画の現場自体がスムーズに進むし。それでいて、大切なこともキチっと行ってくれるんですよね。だから本当にボクが映画好きになったのは大杉さんがいて、仕切ってくれていたからで。本当に尊敬する先輩だし。一緒に買い物に行ったら止まらないですし。なんかね、あういう先輩になりたいなって思ってこういう仕事続けてきたなっていうのはありますね」

 

そんな松重さんに対して番組にビデオメッセージを寄せた大杉漣さん。

松重さんについて

「友人ではあるんだけど、いいライバルというんじゃいないですけど刺激しあえる。付き合ってくれるとお酒なんかも最後まできちっと付き合ってくれて。なんか最後の別れの時までその瞬間までちゃんといてくれるやつ。本当にいいやつなんですよ」

 

まるで自分の旅立ち方を知っていたかのような、この言葉。

今思うとちょっと切ないですが

こんな友情に恵まれる人って、

そんなにたくさんはいないでしょう。

 

天国でも皆に愛されるであろう大杉漣さん。

たくさんの素晴らしい作品を、本当にありがとうございました。

関連記事

大杉漣さん急逝・追悼コメントまとめ!芸能界の大物から続々と追悼の声

大杉漣とビートたけしの関係(仲)は?アウトレイジ軍団もショック・急性心不全の恐ろしさ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - Japan , ,