Japan

西部邁の家族や経歴まとめ・突然の入水自殺の理由とは?

 

ショッキングな事件に関する情報が入ってきました。

読売新聞が報じたところによると、

  • 21日午前6時40分頃、東京都大田区田園調布の多摩川河川敷で、西部邁さんの息子さんから「父が川に飛び込んだ」と110番があった
  • 警視庁田園調布署員が救助したが、搬送先の病院で男性の死亡が確認
  • 死因は溺死とみられている

同署幹部によると、亡くなったのは社会評論家の西部すすむさん(78)(世田谷区)。

家族が同日午前3時半頃、西部さんが自宅にいないことに気づき、行方を捜していた。河川敷で遺書が見つかったことから同署は自殺とみている。

 

昔から物書きや評論家の自殺は一般の方と比べて多い印象がありますが、

西部さんに一体何があったのでしょうか。

入水自殺なんてあまり聴きなれませんし、よっぽどこの世から去る理由があったとしか思えませんよね。

ご家族との関係などはどうだったのか、同じことが繰り返されないためにどうしたらいいのか

まとめていきます。

プロフィール・西部邁さん

 

名前:西部邁(にしべ・すすむ)

生年月日:1939年3月15日

出身:北海道

研究分野:社会経済学、西欧思想史

札幌の信濃小学校、札幌市立柏中学校、北海道札幌南高等学校に進学。

高校は北海道で名の通った名門校ではありますが、高校までは特に政治的思想を持っていたわけではなかったみたいです。

その後1年の浪人生活を送り、東京大学三鷹寮に入寮。

当時真っ只中だった学生運動に影響を受け、共産主義者同盟に加盟し、安保闘争にも参加されました。

いわゆる左翼。伝統的価値観を守ろうとするグループに所属していたってことです。

その後東京大学経済学部を卒業。

その後は東京大学大学院、横浜国立大学経済学部助教授を経て、カリフォルニア大学バークレー校、ケンブリッジ大学でも学ばれています。

保守派の評論家として、大衆社会への辛口なコメントで有名でした。

 

 

西部邁さんのご家族は?

 

あまり詳しい情報は出ていませんが、ご結婚はされており、

奥様は長年連れ添われたあと、2014年3月に他界されています。

また、奥様との間に息子さんがおり、

西部さんが経営していたイタリアンレストランのオーナー兼支配人として働かれています。

またお嬢さんがいらっしゃる、との情報もありますが、一般の方なのは間違い無いですね。

お子さんも40~50代と考えられますので、お孫さんがいらっしゃってもおかしくは無いでしょう。

特に一人ぼっちで寂しい老後だったというわけでも無いようです。

 

自殺の理由は?

 

自殺の現場に遺書が残されていたとのことで、そこになんらかの情報が残されている可能性は高いと思われますが、

まずは予想してみたいと思います。

1、奥様が亡くなってから寂しい思いをされていた

奥様が亡くなったのが2014年とのことですから、亡くなって約3年ほど経っていたわけですね。

年をとって伴侶がなくなると、長年一緒に歩いてきたパートナーを失った喪失感から精神が病んでしまう方も少なくありません。

また、彼女が亡くなったことが確実に西部さんの死に対する思索を深めていらしたことは、彼の著書からも読み取れます。

少なからず原因の一つであった可能性はあると思われます。

2、自らの主張とずれている現実社会に嫌気がさした

この可能性が非常に高いのではないかなと私は思いました。

西部さんが東大で学生運動に奔走していたころ、日本はアメリカとの間に結ばれた不平等条約(日米安全保障条約)に対する不満が爆発し、

社会人のみならず学生が政府に対して積極的に働きかけるのが当たり前でした。

国家の自立を推奨し、特にアメリカとの癒着を嫌った西部さん。

徴兵制の復活、核武装を奨励する第一人者でした。

しかし現在の日本社会はというと、彼の主張とはおおよそ反対方向を向いています。

国民の政治に対する関心の低さが際立ち、軍事力の行使を嫌うため、どうしてもアメリカに従わざるおえない場面も多く見受けられます。

自らの主張が認められにくいこの社会に絶望してしまったのかな、と感じました。

 

まとめ

 

優秀で学歴が高く、自分の確固たる主張を持っていらっしゃる方ほど

その主張が認められなかった時に受けるダメージは大きいでしょう。

それゆえ昔から天才は自殺が多い、とも言われますね。

彼の主張が受け入れられにくい社会ではあったかもしれませんが、現代社会は民主主義と共産主義が共存し、お互い抑制し合っているから成り立っているわけですよね。

たとえ少数派だったとしても、しっかりした主張をお持ちだった西部さんは貴重な存在でした。

日本社会にとって、大きな損失だったのではないかなと思います。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

RELATED POST