篠崎洋一郎に処罰を。罪の重さや今後の展開はどうなるのか?

      2018/05/23




2018年の成人の日、前代未聞の悪質な事件で世を騒がせた

振袖業者『はれのひ』の成人式当日会社丸ごと消滅事件。

この日のためにお着物を用意し、楽しみにしていた新成人や、

そのご家族のみなさんは

さぞ失望し、がっかりされたことでしょう。

渦中の人物である

『篠崎洋一郎氏』

海外逃亡説なども囁かれていましたが、

騒動から一週間以上経ってようやく会見を開きました。

ここで私が気になったのは、

果たして篠崎洋一郎を逮捕できるのか

ということ。

重ねて今後どのような展開が予想されるのかをまとめていきます。

 

スポンサーリンク

篠崎洋一郎、彼の悪事の数々とは?

 

まずことが発覚したのは今年の成人の日当日。

この日のために振袖を予約し、朝早くに着付け会場に向かった新成人は

業者が時間になっても現れない

という異常事態に陥ります。

この日店舗に足を運んだ人により、はれのひが突然消えたことが発覚。

のちの調べで、おそらくこれが

篠崎洋一郎社長による計画倒産であるということや

はれのひの従業員もまた被害者であり、2018年に入り

社長と連絡が取れなくなり、どうすることもできなかったことや

2017年にも二回ほど給料の振込が遅れたことがあったこともわかりました。

おまけに今回の騒動の際も

すぐに出てきて謝るわけでもなくまさかの雲隠れを決め込み、

出てきたかと思ったら10日以上たった1月26日の真夜中に突如会見を開くといった卑怯っぷり。

篠崎洋一郎は責任感も正義感もない、

社長には全くふさわしくない男でした。

出てくるのが遅すぎる、、、 

 

篠崎洋一郎、逮捕の可能性は?

 

まず、彼の働いた悪事。

簡単にいうと、『詐欺』

ですよね。

着物を渡すという契約でお金をとり、ものを渡していないわけですから。

法律の専門家ではないので、どのような量刑がふさわしいのかわかりませんが、

同じようなケースがつい最近ありましたよね!

そう。

 

てるみくらぶ事件

旅行会社「てるみくらぶ」(東京)が虚偽の決算書で銀行から現金約2億円をだまし取ったとされる詐欺事件で、昨年末にも同様の手口で現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は28日、詐欺などの容疑で、同社社長の山田千賀子容疑者(67)ら2人を再逮捕した。おおむね容疑を認めているという。

引用:産経ニュース

金銭をだまし取った、という点ではよく似た事件ですので

篠崎氏も今後逮捕される可能性は大いにあると思います。

 

しかし一方でこんな意見もあります。

これは別の事例に関してですが、

同じく社長がお金を持ち逃げしたケース。

弁護士がこう語っています。

詐欺事件になりますが、詐欺事件の立証は、金銭の授受が認められても、大変困難です。当時既に、破産状態で全く仕事をしていないのであれば、詐欺として認められます。このように、金銭の授受の領収書があっても、告訴するにはハードルが高いです。
警察は、相談にのってくれると思いますが、実際は動かないと思います。詐欺と立件できると思えば、本人の所在をつかみますが、立件できなければ、捜査はしません。またわかっていたとしても、民事不介入で教えてくれないと思います。
金銭を受領したと確実にいえる証拠(第三者の証明書でも可能であるか、難しいでしょう)、当時、事業を行っていない証拠が必要です。
大変お気の毒ですが、今後時間を掛けるよりも、その分時間を有意義に使った方が良いと思います。

えっ

被害があった時点で破産していなかったら詐欺にならないの!?

そんな。

だってみなさん高いお金を払って成人式を台無しにされたのに!!!

このような場合、どうしたらいいのでしょう

こんなものも見つけました。

 

はれのひの件で消費者生活センターさんに行ったんですが、そのとき言われた中で重要そうなこと

・まず警察に届けよう
・センターの人も、マスコミが発表したことだけしか知らない
・被害者の会の中には悪質な会もあるかもしれないので、弁護士さんたちが弁護団作って動くのを待つべき

ー@chinami3001

つまり

今現段階で事件、として立件されているというよりは

今後被害者がまとまって糾弾していかなければならない、ってとこですかね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • はれのひ事件の篠崎洋一郎氏は、現時点ですぐ逮捕される可能性は低い
  • 被害者は一丸となり、集団で警察に訴えかけるべき。
  • その結果篠崎洋一郎氏逮捕、基礎の可能性は大いにある。

はれのひ、との社名にも関わらず多くの人の晴れの日の思い出を汚した篠崎社長。

相応の処罰が下るのは、至極当然かと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - Japan , ,