東京五輪のマスコットキャラがかわいくない!キャラの名前やデザイナーはだれ?

      2018/06/18




さて!平昌五輪も終わり、

東京五輪がいよいよ近づいてきた感がありますね!

本日、東京五輪のマスコットキャラが決定したことがわかりました!

2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが

「未来ロボット型」のア案に決定した。

全国にある小学校約28万クラス中、

20万クラスが投票した「全国小学生総選挙」(22日締め切り)

により選ばれ、大会組織委員会が28日、開票結果を発表。

得票数は10万9041票だった。

引用:日刊スポーツ

 

というわけで

キャラを見てみたんですが、

なんとまあ、かわいくない!!!笑

失礼ですが

可愛くないと私は思いました。

まあ何はともあれ

このマスコットが東京オリンピックの

マスコットとなるわけですから

今後街中で見る機会も増えそうですね!

 

一体どうしてこいつになったのでしょう笑

このマスコットについて、

まとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

未来ロボット型・東京五輪のマスコット

 

出典:かたすみ速報

 

今回決まったのがこの二匹!(?)

未来ロボット型、ということで

ロボットのイメージで製作されたようですね。

青い方が五輪バージョン

ピンクの方がパラリンピックバージョン

なそうな。

なんかポケ○ンに似てるあたりが

小学生には人気なのかもしれません笑

 

五輪バージョンは

日本らしい市松模様。

パラリンピックバージョンは

をイメージしています!

 

日本らしさを詰め込んでいるんですね。

 

日本のキャラクターって

確かにちょっと変わった、というか

ヘンテコなところが妙に受ける

ゆるキャラ

とか人気ですからね。

(くまモンとかふなっしーとか、せんとくんとか本当に可愛くなかった、、笑)

意外とこの二匹も人気になるかもしれませんね^^

ちなみに選ばれなかったイ案とウ案はこんな感じでした!

 

私もウが可愛いと思ってたのですが、、

どうも最近の小学生の感性は二十歳すぎたオバハンとは違うようですw

ちなみにデザインしたのは

フリーデザイナーの谷口亮さん(43)

フリーデザイナーなんておしゃれでいけてる感じの方かと思いきや

なんと年収100万円をきるという

かなりの苦労人デザイナーさんなんだとか。

最初マスコットをみた時は

なんて可愛くないんだ、、、

と思いましたが

谷口さんのなんとも気の毒な(大変な)生活状況を知るうちに

まあこいつらでもいいか(谷口さんの生活が豊かになるなら笑)

という気どころか

若干カワイイとさえ思えてきました笑

不思議なものです。

 

今後の重要課題

 

みなさん、ロンドン五輪の際、

こんな奴らが話題になったのを覚えていらっしゃいますか?

ロンドン五輪おマスコットだったウェンロックとマンデウィル。 

こいつらを初めて目にした時は

あまりの気持ち悪さと、夜目撃したら確実にお化けと見間違うであろう一つ目の不気味な風貌に

Maggie

『イギリス人てセンスないんだ!知らなかったー!!!』

 

と心の中で叫んだことをよく覚えています笑

子供にすら嫌われ,手をふれば泣く子続出の怖いマスコットとして有名になりました。

五輪のキャラは、着ぐるみにした時に可愛いかどうかも

大いなる問題になりそうです笑

 

たかがキャラクター、されどキャラクター。

一国の”センス”を他国に推し測られてしまう、大事なポイントです笑

 

この二匹をいかにカワイイ着ぐるみにするか。

今後の重要課題ではないでしょうか。

スポンサーリンク

この二匹の名前は?

 

なんと名前はまだ決まっていないんだそうです!!!

今後はマスコットの名前を検討する。

ネーミングは一般公募ではなく、専門家に業務委託し、

その中から複数案をマスコット審査会に提示。ア案の作者も入り7、8月に決定、公表する。

引用:日刊スポーツ

2018年6月現在では、すでに名前の案は10案に絞られ、あとはオリンピック組織委員会の役員の方の投票で決まるんだそうです。

五輪の開幕2年前に合わせ、7月下旬に東京都内で行うお披露目イベントで発表!ということなので、もうすぐわかるでしょう!

発表され次第こちらでも掲載させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - Japan