Japan

深水三章(しんすいさんしょう)さん死去 代表作、遺作は? 

名脇役として知られる俳優の深水三章さんが昨年12月30日深夜、虚血性心不全でこの世を去りました。

名脇役俳優として日本の映画を支え続けた彼の人生に迫ります。

 

出典:ザ・テレビジョン

名前:深水三章(しんすい・さんしょう本名ふかみ・みつあき)

1947年5月5日 生まれ

血液型:A型

身長:175cm

出身:熊本県

家族:94年に女優、萩尾みどり(63)と離婚。現在は一人暮らし。長男に深水元輝がおり、俳優、モデル、デザイナーとして活躍している。

映画「楢山節考」「うなぎ」など故今村昌平監督作品に数多く出演し、NHKドラマ「阿修羅のごとく」、大河ドラマ「炎立つ」などで存在感ある演技を披露した。

このお顔、どこかで見たことがある気がしませんか?

それもそのはず、いわゆるサスペンス系や刑事ものはほとんどと言っていいくらい出演されていた、言わずと知れた名脇役俳優さんだったのです。

代表作

阿修羅のごとく(NHK)  1979) – 陣内英光役

風吹ジュン演じる4女の恋人、ボクサー役を演じました。

 

何しろ彼のすごいところは、主演こそ目立ちませんが、ありとあらゆる日本映画・ドラマに脇役ながら出演を果たし、名脇役として作品を支え続けたところにあります。

目立つのが特に刑事もの連続ドラマ。

日本テレビ

太陽に吠えろ!1980-1986年

銭形平次 1987年

火曜サスペンス劇場

TBS

月曜ミステリー劇場

月曜ゴールデン

フジテレビ

金曜エンターテイメント

テレビ朝日

西部警察パートIII

特撮最前線

土曜ワイド劇場

テレビ東京

女と愛とミステリー 2001-2004年

水曜ミステリー9 2005-2012年

 

日本のテレビ史上、これだけたくさんの刑事ドラマに出演された俳優はそういません。

そして

最後の最後まで活躍された三章さんの遺作となったのが、映画”羊の木”

山上たつひこ原作、いがらしみきお作画の漫画が原作となっており、

錦戸亮さん、木村文乃さん主演で2018年 2月3日公開予定です。

 

長らくの間お疲れ様でした。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

RELATED POST