小泉今日子が叩かれない理由は?豊原功補と不倫をバーニング告発・不倫の是非とは?

      2018/05/23




昨年からほぼ毎週のように発表される芸能人の不倫。

20代の乙女としては

みんなこんな当たり前に不倫するものなのかと

世間の大人たちに失望というか

もはや結婚に対して恐怖を感じたりもする今日この頃です笑

さて、本日は昭和の人気アイドル、小泉今日子さんと

俳優の豊原功補さん。

小泉今日子さんは長年務めてきた事務所からの独立と

豊原功補さんとの恋愛関係を発表しました。

本日は、小泉今日子さんが不倫をしたにもかかわらず

叩かれてる感のない理由について

探ってみたいと思います!

 

小泉今日子さんのコメント

バーニングプロダクションにはデビューから36年もの間、育て守っていただいたことに返しきれないほどの恩を感じておりますが、50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのかという疑問が心に生じました。より成熟したエンターテイメントの世界を見てみたい。そのために自分が出来ることは何か。マネージメントとアーティストの関係性も含めて模索していきたいと思っています。

また、豊原功補さんに関しては

同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります。豊原氏にはご家庭があります。一連の報道に対して豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があったのかもしれません。このようなことになりご家族にはおわびの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません。事務所から独立した今、一個人として全てをこの身で受け止める覚悟でございます。私事ではございますが、人間としてのけじめとしてご報告させていただいます。

と発表。

同じく豊原功補さんもコメントを発表し、

互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております。そして私が既婚者であるということも事実です。私自身、家族に対しさまざまな厳しい思いを強いていることへの自責の念は尽きませんが、それをどのような言葉を持ってここに記すのもふさわしいとは思えません。自分自身と家族の問題としてこれからを考えていきたいと思っております。責任は私にあります。

 

さらっと、すごいこと言ってません?笑

あっさりしてて潔いのかと思いきや。

これって、いわゆる不倫てやつですよよね?

スポンサーリンク

不倫の代償

 

同じく不倫をし、ゲス不倫で世を騒がせた

ベッキーさん川谷絵音さんの場合、

ベッキーは活動停止に追い込まれ、最近ようやく復活感がありますが

えらい目にあっていましたね。

奥様の介護で精神的に追い込まれ、不倫に走った小室哲哉さん

引退に追い込まれましたし、

なんか他にも色々あってよく覚えてませんけど笑

みんなそれなりに叩かれてたわけですよ。

なんかこの小泉さんの場合、もはや『不倫』て言葉さえあまり使われていない。

この差は一体なんなんでしょうか!

叩かれない理由とは?

 

振り返ってみましょう。

例えば横浜市の医師との不倫が暴かれた、

女優の斉藤由貴さんの場合。

不倫を文春に暴かれても当初は認めませんでしたが、

一体どっから漏れたのか知りませんが

なんと相手の医師が、女性もののパンツを被って斎藤さん宅で

フルーツを食べる写真が流出。

あまりにも衝撃的なその写真に、世間は大いにざわめきましたね。

小泉今日子さんは2017年に荒れまくった不倫情勢から解析した結果、

さっさと認めた方が傷が浅い、と踏み、

不倫を認めに至ったのではないかと思われます。

また、不倫相手である豊原功補さんにしても

すでに3年前から家族と別居、ということも発表したことにより

小泉今日子が現れる前から関係は破綻してたんだよ〜〜

とアピールしているとも考えられます。

こうなってくると、もはや不倫が普通のことなのか悪いことなのか

混乱してきます笑

おまけに!

今回小泉さんの発表は、名目上『事務所独立の発表』

このでかい発表に、おまけ的に不倫発表をくっつけることで

視線をそらすことを狙っていたとも考えられます!

 

うまいこといったってとこでしょうか?

 

スポンサーリンク

不倫とは

 

その美貌で大貧民から大統領夫人にまで成り上がり、

今でもタレントとして活躍されているデウィ夫人がこんなことをいっています。

大抵の男性の場合、男は浮気します。
どんなに愛する美しい女性がいても
どんな才女を奥様になさって尽くされていても
男性は浮気というミステイクを犯す者。
浮気は男である証。
健全な男だったら、まず間違いなく浮気するでしょうね。

出典:https://withonline.jp/love/love-toyoshinjyu/oiN6N

今となってはもう男女関係なくこれは言えるのでは?と思います。

若い頃はまるでハリウッドスターのようにお美しかったデウィ夫人。

彼女でさえ夫に浮気されたことがあるというのです。

私は絶望的な気分になりました。笑

しかしこうも言っているのです。

あなたに浮気を隠しているのは“知られたくないから”
もっと言えば“あなたを失いたくないから隠している”そうじゃないですか?
堂々と浮気をするようになったら、もうその関係は終わりね。

出典:https://withonline.jp/love/love-toyoshinjyu/oiN6N

 

この法則に従うと、今回の豊原功補さんの場合、

もう浮気ではなく本気。

奥さんより小泉さんを選んだわけですね。最低ですけど。

しかし斉藤由貴さんの場合、

浮気相手はあくまで浮気相手止まり。

結局旦那と家族が大事だったわけです。

つまり、単なる浮気、ですね。

 

不倫報道の是非は?

 

メディアが人に売れる情報を提供するのは当たり前ですが、

小室哲哉さんの不倫会見などは

みていて痛々しいものでしかありませんでした。

あんなのみたい人、います?

わたしが思うに

不倫がすでに本気になってしまっている場合。

これはもうどうしようなく気持ちが変わってしまっており、

何より本人が家族よりも不倫相手を大切にしている事実な訳ですから

報道しても別にいいんじゃないかなと思います。

あくまで事実を報道する、情報としてですね。

しかし本人がちょっと浮ついた気持ちを持っただけで

奥さんにも家族にもそれを知られたくない場合

マスコミが勝手に先走って報道するのは如何なものかと思いますね。

全員傷つけて終わりですから。

どこかでやっぱり家族が大切だ、と思い直す人がおそらくほとんどでしょうし。

世の中永遠の愛はどこかに、確かに、存在している!

そう信じたい22歳、乙女の叫びでした笑

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 - エンタメ , ,