World

英独立党党首と不倫中のモデル、メーガンマークルを「醜いアメリカの黒人」と批判

英皇太子、チャールズ王子と、故・ダイアナ元妃の次男で

最近アメリカの女優、メーガン・マークルさんとの婚約が報じられたヘンリー王子。

キャサリン妃の第三子妊娠も重なり、おめでたいムードなイギリス王室ですが、

二人の幸せをよく思ってないイギリス国民もいるようです。

問題となっている発言で物議を醸しているのは、イギリス独立党の党首、ヘンリー・ボルトン氏(54)の恋人である、約30歳も年下のモデルで党員でもあるというジョー・マーニー

あまりにも過激な言葉遣いで大顰蹙を買っています。

 

マークルさんへの批判の内容とは?

 

デイリーメールによると、

このジョーさんは、友人に送ったと言われているメッセージの中で

「私は黒人なんて嫌い。恋愛対象に見えない。」
「だって醜いから、私にふさわしくない。」
「ヘンリー王子がメーガンと結婚するだなんて!神様!」
「なんて尻軽なの。」
「彼女が子を産めば、英国のロイヤルファミリーが黒人の血で汚れるわ。」
「愚かな女優じゃない。ここは英国で、アフリカじゃないんだから。」
「他の民族を嫌っているわけじゃないけど、他の民族や文化が、自分の文化に踏み入るなんて嫌。別の文化が自分の文化に入り混むのが嫌なだけよ。」
「彼女は嫌いよ。アメリカの黒人だもの。」

などと、このご時世ちょっとありえない発言を連発。

このあんまりな言動に驚いたのか、「Racist(人種差別主義者)」 と一言返した相手に対し、「 lol So what (笑 だから何よ)」と返しているところから見ても、なんの悪気もない様子。

彼女が非白人全員に対してこのような考え方を持っているのか、

それとも話がロイヤルファミリーだからこだわっているのかは定かではありませんが、

愛し合って結婚しようとしている王子とメーガンさんをどれだけ傷つけるか、という考えには至らなかった様子。

 

ところでこのジョーってだれ?

 

出典:ご本人のTwitterより

 

ジョー・マーニーはケント州出身の25歳。

イギリス独立党のメンバーであり、独立党党首のヘンリーボルトンの恋人。

自身のTwitterで

”ミュージックジャーナリスト、モデル、女優”などと自己紹介しており、

カンタベリー・キリストカレッジでジャーナリズムの学位を取得している。

駆け出しモデルで音楽活動にも取り組んでいるといったところでしょうか。

綺麗なのかもしれませんけどねえ。見た目は。

この発言聞いてから顔をみると

ただの意地悪で冷たい女に見えてきますよね。

 

これまでの問題発言の数々

 

彼女のTwitterを見ただけでも、その心内がよ〜くわかります。

彼女は政治家ではないが、Twitterでは恋人の政党である独立党のプロモーションに積極的な様子。

しかし移民や外国人に対するこき下ろし方は半端じゃなく、

グレンフェルタワー火災(ロンドン市内の貧困層が暮らしていた高層住宅。イスラム系移民が多く住んでいた)の後、生還者に永住権が与えられた件については

「吐き気がする(Disgusting)」と一言。

「あのタワーの住民は不法移民だらけで誰がなんだかわかったもんじゃない。(犯罪者から安全を守るため)住人リストが欲しいくらいだった。」と発言。

また、「移民がもたらす利益って、私たちの電車が溢れかえって大変なことになること?そのことを言ってるわけ?」など

非白人のイギリス居住者に対する差別感情を思いっきりあわらにしています。

イギリス以外の外国に対しても同様で、アメリカを昨年騒がせたワインステインによるセクハラを告発する女性たちについても

「彼女たちは不満をいうだけの弱い女」とのこと。

25歳の若い女性がこのような考え方を持っていることに大変驚きました。

 

ヘンリーボルトンとの不倫

 

出典:ご本人のTwitterより

 

ヘンリーボルトンはもともとタニアーナという妻との間に二人の子を持つ父親で、(前妻との間にもう一人娘もいる)

2017年9月にイギリス独立党の党首となりました。

が、2018年1月、ジョー・マーニーとの不倫がすっぱ抜かれてしまいます。

そこで世間を騒がせたのは、彼がまさかの妻と子を捨て、30歳も年下のジョーを選ぶと公に発言したこと。

日本だったらこれだけで好感度だだ下がりで党首クビ、でもおかしくありませんが、

政治家としての手腕は認められているのか、なんとか首の皮一枚繋がっているところでした。

そこでこの恋人の人種差別発言スキャンダル。

家族を捨ててまで選んだうら若き恋人が、人間性を疑われるような汚い言葉遣いで未来のプリンセスを罵倒したのです。

こりゃあ今後が心配ですね。

 

まとめ

 

マーニーさんのこの人種差別騒動は今回あくまでプライベートな会話の中のものであり、

公な発言だった訳ではありませんが、悪く言われたとうのマークルさんをはじめ、黒人社会には大きなショックを残すものとなりました。

一応報道されたあと、

あんな発言をすべきではなかった、不快な思いをさせてしまったみなさんに心から謝罪します。と発表されましたが、

心中で彼女がどんなことを考えているのかが全世界に暴露される形となってしまいました。

まず彼女自身も他人の家庭から夫と父親を奪っている訳ですし、(この党首も実にセンスないなと思いますが)

マークルさんの人種にだけフォーカスしてボロクソいっている点からしても

ちょっと彼女の品性どうなのかしらと思います。

愚かな女優でしょ。といってますが、彼女自身もモデル出身。何が違うんでしょうか。

”黒人だから”と汚い言葉をぶちまけるマーニーさんと、

マイノリティのため、子供達のための人権保護活動に熱心なマークルさん。

どちらがイギリス国民に支持されるのか。

今後から目が離せません。

 

イギリス皇室に関する関連記事

ユージニー王女が婚約!お相手のジャック・ブルックスバンクさんとは?

メーガンマークルの家族の注目!父親はテレビ照明ディレクター、母はアフリカ系?

ダイアナに叶えられなかったチャールズの愛を勝ち得た、カミラ夫人てどんな人?

[映画化決定]メーガンマークルとハリー王子とのロマンスが映画に!

 

RELATED POST