ドナルドトランプとユダヤ教 イヴァンカの夫、ジャレット・クシュナーって?

      2018/04/28




トランプ大統領が、イスラエルの首都をエルサレムと認めたことで国際社会に波紋が広がっています。

いきなり首都を宣言するなんてトランプの無謀とも思えるこの行動に影で影響を及ぼしているのではと言われているのが

娘婿であるジャレット・クシュナーです。

トランプの背後で穏やかに微笑む、トランプと正反対、品のある長身のクシュナー。

彼が何かと色々言われるのが、ユダヤ人であるということ。

ホロコーストの歴史をもつ部族であるということは日本でも有名ですが、現在のアメリカにおいてこのユダヤ人というグループは、政治的にも経済的にもとても高い影響力を持ったグループなんです。

日本ではイヴァンカさんに注目が集まり、あまり注目度の高くないクシュナーさんと、トランプ政権とユダヤの関係に注目しようと思います。

スポンサーリンク

ジャレッド・コーリー・クシュナー(Jared Corey Kushner )プロフィール

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

 

1981年、ニュージャージー州生まれ

ハーバード大卒・ニューヨーク大学MBA取得

アメリカ合衆国の実業家。投資家。不動産開発企業クシュナー・カンパニーズ、『ニューヨーク・オブザーバー』誌のオーナー2004年に父親が脱税容疑で2年間の実刑判決を受け、その後父の会社をジャレットが事業を引き継ぎCEOとなる

2009年、トランプの長女、イヴァンカと結婚

現在トランプ政権にて大統領上級顧問に起用された。

 

アメリカにおけるユダヤ人のイメージ

日本でもホロコーストとユダヤ人についてはよく知られていますね。

アンネ・フランクの日記やアウシュヴィッツアウシュヴィッツ強制収容所の印象は強烈ですし。

アメリカでのユダヤ人に対する印象は少し違います。

イスラエルが建国されるまで国家を持たず、長年他の民族から迫害され続けてきたユダヤの人々。

彼らは財産をいくら築いても戦争や対立によって奪われてきたことから、知識こそが絶対に奪われない唯一の財産である、として子供達に徹底した教育をする民族です。

勤勉さを何よりの美徳とする彼らは、ホロコーストから逃れアメリカに渡ったのちもその教訓を生かして着々を富を築きます。

当初お金に関わる仕事、金貸や銀行などは一般的に嫌われていた職業だったのですが(キリスト教的見解から)、アメリカに移住した直後のユダヤの人々はこの業界で頭角を表します。

第二次世界大戦が終わり、イスラエルが建国されても多くのユダヤ人はアメリカに残り、現在のアメリカでユダヤ人は財界、政界に大きな影響力を持つ民族グループになっています。

人口はアメリカ人の1.7%ほどですが、経済、政治の要職はなんとおよそ50%をユダヤ人が占めているとも言われています。

著名人でも、Facebookのザッカーバーグ、DELLのマイケル・デル、Starbucksのハーワードシュルツ、映画監督のスピルバーグや、かのアインシュタインもユダヤ人です。

そんな歴史的背景から、よく言えば勤勉で真面目。悪くいうと金の亡者で面白みのない連中。みたいなステレオタイプがアメリカ社会に浸透しています。

クシュナー家も典型的なユダヤ系アメリカ人家庭。1949年にジャレットの祖父母がホロコーストから生還し、アメリカに渡ってきました。現在でもユダヤの戒律を守り、シナゴーグ(ユダヤの礼拝堂)に通っています。

 

 

スポンサーリンク

トランプ政権とイスラエル

Embed from Getty Images

ユダヤ人がアメリカで大きな影響力を持っている以上、歴代のアメリカ大統領もある程度ユダヤやイスラエルへの気遣いを示してきました。そりゃそうですよ。ユダヤ人に嫌われて献金絶たれたら、選挙勝てませんもん笑

ところがトランプはかなり偏ったユダヤびいきが目立ちます。例えば

1、ユネスコの脱退

2017年10月11日にアメリカがユネスコからの脱退を通告しました。ユネスコの傾向が反イスラエルだから、というのがその理由。

しかしそもそもユネスコは政治とは関係のないは「科学」「教育」「文化」のための組織であり、なぜここまで強硬な姿勢をとるのか???と思う人も多いでしょう。

2、現職大統領として初めて、嘆きの壁を訪問

2017年5月11日、トランプが娘夫婦とともに嘆きの壁を訪れました。

Embed from Getty Images

アメリカにはユダヤ系をよく思わない人も多いですから、(むしろその方が圧倒的に多い)今まで現職期間に嘆きの壁を訪れた大統領はいませんでした。

3、エルサレムをイスラエルの首都と認定

エルサレムはユダヤ教の聖地でもありますが、イエスが処刑された地としてキリスト教にとっても大切な地、イスラム教にとってもメッカ、ムジナに次ぐ第3の聖地とされています。

イスラエルは第二次世界大戦後、国を持たなかった結果ホロコーストで迫害されたユダヤ人のために、パレスチナの中に建国された国です。そしてパレスチナには多くのイスラム教徒が住んでいます。

だからエルサレムを首都と認めてしまうと、ユダヤ人はハッピー、近くに住むイスラム教徒は怒り狂う、ってことになります。

 

中東での平和を維持したい歴代アメリカ大統領は、選挙のためユダヤ人に嫌われないように、でも中東諸国を刺激しないようになんとかやってきたわけなんですが、それをトランプが無視してやたらユダヤに肩入れしているってわけなんですね。

自分さえ金が入ってくればいいってことなのか、ユダヤに改宗までしてクシュナーと結婚した娘とその夫が可愛いのかは謎ですが、とりあえずクシュナーがトランプとユダヤを繋ぐ橋になっているのは間違い無いでしょう。

クシュナーがアメリカを支配しようとしているトランプ政権の黒幕、みたいな言われ方をされていることもありますが、個人的にはユダヤ人って真面目で働き者、そしてとても優秀な人が多いので私は好きです。

筆者のパートナーもユダヤ人(割とリベラルではありますが)ですが、ユダヤの方は日本にも好意的な方が多い印象もあります。根本的に働き者で勉強熱心なところは似ていますし、日本人は宗教色が強くなく、ユダヤ教に抵抗が少ないからかもしれませんね。(アメリカ人でクリスチャン的背景を持つ方は、ユダヤにいい顔をされない方が多いです。)

クシュナーさんはSNSとうは一切やっておられませんが、奥さんのイヴァンカさんのインスタグラムなどに時々登場するのでぜひフォローしてみてください。

ジャレッドクシュナー、インスタやっております!こちらからフォローどうぞ💕

Jared Kushnerさん(@jaredcoreykushner)がシェアした投稿

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - USA , ,