鈴木康大・家族 経歴は?妻も元カヌー日本代表!!まさかの薬物混入疑惑!?!?

      2018/01/14

eyecatch




驚きのニュースが飛び込んできました。

なんとカヌー日本代表の鈴木康大選手が、同じくカヌー選手の小松正治選手の飲み物に禁止薬物を混入しドーピングの疑いをかけたと報じられています。

一体どういうことなのか、そしてこの鈴木康大選手とはどんな人物なのか?
見ていきたいと思います。

どん!

 

スポンサーリンク

まずは鈴木康大のプロフィール

公式ブログより

 

名前:鈴木康大(すずき やすひろ)

生年月日:1985年10月6日
出身:千葉県香取郡

千葉県立銚子商業高等学校
立命館大学

大学卒業後は、滋賀レイクスターズに所属していました。

 

家族は?

妻・子供

奥さんもまた元日本代表選手の久野綾香(くの あやか)さん。

出典:Tokyo FM

福島県出身のカヌー選手です。2010年の北京五輪にも出場されていました。

夫婦共同でジムの経営もしていたという鈴木夫妻。

夫婦ともにスポーツ選手で良い関係を築いていたようです。

奥さんがこの事件についてご存知だったのかどうかわかりませんが、

もしご存知なかったのならさぞショックは大きいでしょう。

ましてや彼女のアスリート。薬を盛られた選手の気持ちも理解できるでしょうし、、、

 

 

スポンサーリンク

事件について日本カヌー連盟は?

この事件を受けて日本カヌー連盟の春園常務理事は

カヌー協会の会長は世界連盟でも役員をしており、ドーピングゼロを掲げてやってきた。その膝元(ひざもと)からこういう問題が起きたことはカヌー競技のみならず、他の競技団体にも迷惑をかけることで、なんともおわびのしようがない」

と陳謝。

スポーツ庁の鈴木大地長官も取材に対し、

「事実であるならば大変遺憾。日本のスポーツ史上、聞いたことがないような性質のことだ。人を陥れるような、たちの悪いケースは初めて聞いた」と述べ、再発防止に向けた対応の検討を誓った。

(朝日新聞)

そう。普通のドーピングだった問題なのに、彼は自分ではなく他人を貶めようとしたんですからひどい。

スポーツマンシップもへったくれもあったもんじゃありません。

輝かしい結果を残していたにもかかわらず、なぜこんな卑怯な手段に出てしまったのでしょう

関係者によると、鈴木選手はインターネットで購入した薬物を小松選手の飲み物(レース中に放置されていたボトル)に混ぜました。

原因は自身の東京五輪への出場が危うくなったと感じ、ライバル選手にドーピング疑惑をかけ、蹴落とそうと目論んだ

ということのようです。

小松選手は去年9月のレースで優勝した際にドーピング反応が出たことで暫定的資格停止処分を受けていましたが、

今回の事件を受けて処分の取り消しが発表されました。

彼は連盟を通じ支援者への感謝を述べたほか、今後東京オリンピックを目指すことも発表。

よかったですね。

一方の加害者である鈴木選手には8年間の資格停止処分が言い渡されました。

当たり前です。やったことがあまりにも悪質すぎます。

し!か!も!

関係者の調べによると、なんと鈴木はこの薬盛り事件以外にも、代表合宿中に小松選手の現金2万円やパスポートを隠したり、事件が起きた大会の決勝レース後には、パドルとスピードメーターを盗んだ。

パスポートがなくなった小松は7月の海外遠征への出発が遅れたりと実害も発生していて、小松選手の所属先に中傷メールを送ったリモしていました。

小松選手の精神的な負担もとても大きかったのではないでしょうか。

あまりにも幼稚で人の気持ちがわからなすぎますよね。

爽やかなスポーツマンのイメージからは程遠いです。

世界的にもあまり例のない悪質な今回の事件。

発覚は鈴木選手の自白とのことなので一応悪いとは思っていたのかもしれませんが、日本カヌー連盟による調査では、彼が他の選手に対しても、様々な嫌がらせ・妨害を繰り返していたこともわかっています。

自ら名乗り出たことだけが救いかなと思います。

書類送検が決まったようですが、反省し行いを改め、

小松選手には心からお詫びをしていただきたいと思います。

小松選手に関する記事はこちら

小松正治選手(カヌー)がいい人すぎる!飲まされた薬物・鈴木康大選手との関係は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 - HOT, Japan, Sports , ,