森脇 崇行(バレエ)のWikiプロフィールや経歴!ローザンヌ決勝出場おめでとう!

   




若干中学生にして、バレエの最高峰である

第46回ローザンヌ国際バレエコンクールの最終選考に残った

森脇 崇行さん!

最近はフィギュアスケートが大人気ですが、クラシックバレエでも世界に立ち向かえる

こんなスーパー中学生がいたとは!

産経ニュースによると、

若手バレエダンサーの登竜門として知られる第46回ローザンヌ国際バレエコンクールの最終選考が3日、スイス西部ローザンヌで行われた。日本からは広島市在住の中学3年、森脇崇行さん(15)と、広島市出身でドイツ留学中の大木愛菜さん(17)の2人が決選に挑戦。

引用:産経ニュース

本当にすごいです。

まだあまり知名度が高い方ではないようなので、

彼のプロフィールや経歴について調べてみました。

 

スポンサーリンク

森脇 崇行さん・プロフィール

 

名前:森脇 崇行(もりわき・たかゆき)

年齢:15歳

在住:広島県

所属:小池バレエスタジオ

学校:広島なぎさ中学校

中学生ですが、公立ではなく私立の中学校に通われているようです。

偏差値は61 共学で、広島の進学校のようです。

これだけ高いバレエ技術を持ちながら、学業もおろそかにしないなんてすごいですね!

学校の公式ブログでも、森脇さんを応援するメッセージがありました。

これだけの世界大会に出場するとなると

学校も総出で応援でしょうね。

 

今までの受賞歴などは?

所属している小池バレエスタジオによると、

森脇さんは

第14回 全国ジュニアバレエコンクール ジャパングランプリ 2016

ボーイズBの部 3−1位

NBAジュニアバレエコンクール広島2016

中学2年生の部 2−2位

など、数々の素晴らしい成果を残しているようです!

ちなみに余談ですが、この小池バレエスクールの所属者の中に、

森脇さんて苗字の人が何人かいるんですよね。

ご兄弟?と思いましたがそこは不明です。

 

スポンサーリンク

出場したローザンヌ国際バレエ大会って?

大会の趣旨

ローザンヌ国際バレエコンクール は、スイスのローザンヌで毎年行わていれる

15歳から18歳までのバレエダンサーを対象としたコンクールです。

(今年から14歳6カ月に年齢引き下げ)

その歴史は1973年からと非常に伝統のある大会で

スイス舞踊振興財団によって運営されています。

その目的は若手ダンサーにキャリア形成につながる道筋を開くこと。

このため世界の著名なバレエ学校33校およびバレエ団32組織と提携しており、

この大会でローザンヌ賞を受賞すると無償で留学・研修することのできる権利が与えられます。

しかも生活費も保証されるという充実っぷり!

バレエなんてお金かかるでしょうし、優秀な選手を育てよう、という趣旨が強いんですね。

歴代の受賞者の多くがプロとして活躍しています!

 

きになる選考方法は?

普通コンクール、というと

なんらかの試験や選考があり、それの結果次第で出場資格が得られるイメージですが

ローザンヌの場合ちょっと違います。

結果のみで審査する旧来のコンクールとは異なり、参加者にクラスを受講させ

それ自体も審査対象になっているんです。

DVD審査、予備審査を通過した70人ほどが審査に参加する資格が与えられ、

そのうち決勝に参加できるものは20人程度。

そして最終的にローザンヌ賞を受賞するのは6-8人。

今回森脇 崇行さんは受賞こそ逃しましたが、世界で20人の中に入ったことは十分偉業です。」

まとめ

今回は、

森脇 崇行(バレエ)のWikiプロフィールや経歴!ローザンヌ決勝出場おめでとう!

ということで記事を書かせていただきました。

バレエと学業を両立し、世界最高峰の大会で決勝に進出した森脇さん、

まだ来年も参加資格はあります。期待大ですね!

ちなみにローザンヌで入賞を逃しても

決選進出者には、1,000スイス・フランの奨励金と夏に行われる講習会の受講料免除などの特典が与えられる

とのこと!

彼はこれに当てはまりますから、獲得できると考えられます!

今後の活躍に乞うご期待!

ちなみに一緒に出場した大木愛菜さんについての記事はこちら↓

大木愛菜(バレエ)のWikiプロフィール!ダンサーの登竜門、ローザンヌ最終決戦へ! 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 - HOT ,