[ネタバレ]キャサリン妃・ウィリアム王子のロマンス映画を見てみた!

      2018/01/21




今年5月に行われるイギリス王子のヘンリー王子と、アメリカ人女優のメーガン・マークルさん。

つい先日、お二人の出会いから結婚までを描いたTV映画の制作が発表されました!

海を超えた遠距離恋愛を乗り越え、ご成婚に至るまでのラブストーリーとあって世界中の人が楽しみにしています。

 

実は

 

2011年に、ヘンリー王子の兄である、ウィリアム王子とキャサリン妃がご成婚された際にも

二人のロマンスを描いた映画が公開されているんです!

気になったので探したら、Youtubeに出ていました!(残念ながら日本語版は発見できず。)

というわけで、この映画を見ての感想を綴っていきたいと思います!!!

(映画に忠実に書いていきます!)

スポンサーリンク

イギリス王位継承者と、中産階級出身の少女の出会い

 

物語は、大学に進学した二人の出会いからスタートします。

セントアンドリューズ大学に入学し、荷物を持って寮に引っ越してきたウィリアム。

大人気の王子様は学校中の女の子の注目の的でした。テレビカメラから追いかけられず、のびのびした生活が送れると

期待に夢を膨らませるウィリアム。彼の友人たちは彼をごく普通の男友達として扱い、勉強し、バーで飲み、女の子と遊び、普通の大学生としての生活を満喫していました。

 

一方のケイトミドルトンの部屋では、ルームメイトたちがイケメン王子の話に夢中になっていました。

「彼はイケメンでリッチ。しかも将来はイギリスの国王よ!!」って。

 

あるひケイトは、ウィリアムと

アートのクラスでプロジェクトのグループが同じになります。王子様と同じチームなんて!

内心ドキドキしつつも普通に振る舞うケイト。王子の一挙一動に騒ぎ立てる周りの友人たちを

「ほっといてあげなさいよ」とたしなめる、落ち着いた女の子でした。

穏やかで明るく、知的なケイトに王子は惹かれますが、当時ケイトには恋人がいました。

 

クリスマス休暇で実家に帰った二人。ウィリアムはチャールズ皇太子と、進路のことで言い合いになってしまいます。

悩んだウィリアムは、ケイトに電話をかけます。

驚くケイト。選考を変えたらどうかしら?とウィルにアドバイスをし、ありがとう、とウィリアム。

二人の距離がちょっと縮まった瞬間でした。

ちなみにこちらが王子と交際を始める前のケイト。今と全然違う、普通の少女だったことが見て取れます。

 

モデル事件

 

大学の学祭で行われたファッションショーで、ウィリアムは衝撃的な光景を目にします。

シースルーのブラックドレスで下着がスケスケな美女。モデルの彼女はなんと普段保守的でおとなしいケイト!

出典:Rediff.com

 

これがその問題のドレス。

セクシーなギャップに惚れてしまったウィリアムは、ショーの後ケイトにキスしようとします。

驚いたケイトは「私たち、友達でしょう?」とウィリアムをたしなめます。

ずっと憧れていた王子様に求められて拒否できるってさすがやなーと思います笑

キスを拒否されたことなんか今までおそらくなかったであろうウィリアム。

そこで簡単に許さなかったのもケイトの魅力なんでしょう。

そしてこの頃、ケイトのボーイフレンドはオックスフォード大学へ編入が決まります。

彼については行かないことを決めたケイトは、彼と破局。

この頃彼女の心はもう完全にウィリアムに向いていんでしょうね!

 

スポンサーリンク

ルームメイトとして

 

大学二年生になった二人は、友人たちと4人でルームシェアを始めます。

男女でルームシェアって日本だとあんまり聞きませんが、イギリスではごく普通に行われるらしい。

( 私は大学アメリカでしたが、みんな割とやってましたね。)

一緒に料理したり、学生パーティーに参加したりと楽しい時を過ごし、

王子はルームメイトとして彼女をチャールズ皇太子に紹介します。

王子だからと特別扱いすることもなく接するケイトに

二人の気持ちは高まっていき、ついに二人は付き合い始めます。

お互いの部屋を行き来し、休暇にはケイトの家族を訪ね、順調な交際を楽しむ二人。

しかし、プリンスと一般人の恋は、そう簡単なものではありませんでした。

 

リアル王子様との恋

 

王子の21歳の誕生日パーティーに招待されたケイト。彼女はワクワクしておしゃれをし、パーティーに向かいました。

しかし会場でウィリアムは彼女をエスコートすることなく、家族とも信仰のあった幼馴染の女性、

ジェッカ・クレイグをエスコート。

実際当日に報道されたのも、王子とジェシカのツーショット。

キャサリン妃に関する写真は一枚も残っていません。

彼は、キャサリンが、パパラッチに追いかけ回されて命を落とした愛する母の二の舞になるのを防ぐため

関係を公表するのを避けたかったのです。

しかし恋人扱いしてもらえず、とても悲しんだケイトを見て、ウィリアムは関係を公表することを決意。

(公表したくないからって他の女の子といちゃついてんのを見せつけられたって

そんなの言い訳にしか聞こえないですよね笑)

一緒に出かけたスキー旅行で、パパラッチにキスショットを披露します。

関係は着実に進展していきました。

しかし事態はウィリアムの心配した通りになっていきます。

 

パパラッチに追いかけ回される日々

 

大学を卒業した二人は別々の道を歩き始めます。ウィリアムは軍に入隊し、

ケイトはロンドンに残りファッションバイヤーとしてのキャリアを歩き始めたのです。

ウィリアムがロンドンを離れたことにより、ケイト一人にパパラッチの視線は集中し、

実家の家族からスカートの中まで狙われまくる日々。また母の家系が炭鉱の鉱夫の出身であることなども書き立てられ、

ケイトもミドルトン家の人々も、疲れ果てていきます。

ケイトにあっていない間のウィリアムの行動も逐一ラジオや新聞で報道されてしまうのです。

おまけに周りでどんどん結婚していく友人たち。

一人ロンドンでウィリアムからの電話をまつケイトに、パーティに興じている姿がパパラッチされるウィリアム。

正直よく結婚したなと思いました。(私ちょっと無理だと思う、、、、笑)

しかもウィリアム、どれだけケイトが辛い思いをしているかに気づかず、

「僕をほっといてくれ」発言。

彼女が文句も言わずひたすら待ってんのに!!!あんまりだろウィリアム!!!

 

別れからの復活

 

ウィリアムと別れた後、塞ぎこむケイトに、彼女の母はこうアドバイスしました。

「ケイト、外に出るの。思いっきり人生を楽しむのよ。」って。

ウィリアムのことなんか忘れて

人生満喫してるところを見せつけたほうが、関係を修復するためにいいと思ったんですね。

よく男は別れた直後ハッピーでだんだん未練が出てくるのに対して

女は逆なんて言いますけど。

まさにその通り!

この時ばかりはパパラッチがケイトの味方になります。

友達に囲まれて幸せそうな姿が週刊誌に撮られ、それをみたウィリアムは

自分と別れたのに全然落ち込んでない、、、

とショックを受けます笑

 

そんな時にふとテレビをつけると、そこには愛する母であるダイアナの特集番組が。

なぜ母を幸せにしなかったのだとチャールズ皇太子に詰め寄ると、

「私は間違いを犯した」とうなだれたチャールズ。

 

失ったことによって自分がどれだけ彼女を必要としているかに気がついたウィリアム。

そして、今ケイトを手放したら、自分は父と同じ過ちを犯す と気づいたのです。

ようやく気がついたウィリアムは、旅行に行った先のアフリカでケイトにプロポーズ。

出典:popsugar.com.au

 

ここまでが映画の中で描かれた二人のストーリーでした。

 

筆者の個人的な感想

 

まずすごいなと思ったのは、ロイヤルファミリーの馴れ初めを、かなり細かく

(どこで初めてキスをして、どこでどうなってこうなって、XXx、、、みたいな笑)

思いっきり映画で公開しちゃってること笑

日本でもよく皇室特集番組とかありますけど、キコ様と秋篠宮様がいつどこで初めてキスしたとか言わなくない!?

って思いました。

あんな細かく公開しちゃっていいのか、、笑

見てる方としてはラブコメ的要素満載で楽しいんですけどね笑

将来ジョージ王子とシャーロット王女があれ見たらどう思うんだろw

ただケイトがウィリアムにたいして取った行動の数々は非常に男心をよく読んで動いていて

結婚したい女子には参考になること間違いなし!でした。

ゆっくり時間をかけて愛を育んだケイトとは裏腹に、メーガンは遠距離型のスピード婚。

おそらく全く違ったストーリーになるでしょうから

ヘンリー&メーガンもとっても楽しみ!!!

視聴し次第、こちらについても書いていきます❤️

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 - HOT, MOVIE , ,